マツダに関するニュースまとめ一覧(20 ページ目)

関連インデックス
マツダ2 マツダ3 マツダ6 マツダ AZ-1 マツダ CX-3 マツダ CX-4 マツダ CX-5 マツダ CX-7 マツダ CX-8 マツダ CX-9 マツダ CX-30 マツダ MPV マツダ MX-30 マツダ RX-7 マツダ RX-8 マツダ アクセラ マツダ アテンザ マツダ カペラ マツダ キャロル マツダ コスモ マツダ デミオ マツダ トリビュート マツダ ビアンテ マツダ ファミリア マツダ フレア マツダ フレアクロスオーバー マツダ フレアワゴン マツダ プレマシー マツダ ベリーサ マツダ ボンゴ マツダ ランティス マツダ ロードスター マツダ コンセプトカー マツダ MX-5カップ マツダ SKYACTIV マツダ ロータリー40周年 マツダスピード フォードモーター (グループ、Ford Motor) マツダレンタカー スズキ トヨタ自動車
マツダ2/CX-5/CX-8、安全技術と快適装備を充実させた「スマートエディション」を設定 画像
自動車 ニューモデル

マツダ2/CX-5/CX-8、安全技術と快適装備を充実させた「スマートエディション」を設定

マツダは、『マツダ2』、『CX-5』、『CX-8』に、安心安全技術や快適装備を充実させた特別仕様車「スマートエディション」を追加し、5月28日より販売を開始した。

マツダ、フェイスシールドフレームを医療現場に供給…専用金型で1日900個を生産 画像
自動車 ビジネス

マツダ、フェイスシールドフレームを医療現場に供給…専用金型で1日900個を生産

マツダは、広島県、ジェイ・エム・エス、石井表記と連携して、医療現場で活用可能なフェイスシールドの供給を開始。その生産工程をオンラインでメディアに公開した。

歴代マツダ車、開発主査が選ぶ1台…ロードスター担当・齋藤茂樹主査、MX-30担当・竹内都美子主査 画像
自動車 ビジネス

歴代マツダ車、開発主査が選ぶ1台…ロードスター担当・齋藤茂樹主査、MX-30担当・竹内都美子主査

現在、同社の100周年スペシャルサイトでは、歴代モデルの人気投票が行われている。4月21日集計時のTOP3は『AZ-1』『ランティス』『マツダ787』。そこで、マツダの開発主査に、「私の選ぶ1台」とTOP3のモデルについて語ってもらった。

マツダ、バーチャルレースカー『RX-Vision GT3コンセプト』のオンライン提供開始…次世代ロータリー搭載 画像
モータースポーツ/エンタメ

マツダ、バーチャルレースカー『RX-Vision GT3コンセプト』のオンライン提供開始…次世代ロータリー搭載

マツダは、ポリフォニー・デジタルと共同で開発したバーチャルレースカー『RX-Vision GT3コンセプト』を、5月22日15時からグランツーリスモSPORT上にてオンラインで提供開始する。

マツダ3 セダン、1.5リットルガソリンモデルを追加 4種類のエンジンが選択可能に 画像
自動車 ニューモデル

マツダ3 セダン、1.5リットルガソリンモデルを追加 4種類のエンジンが選択可能に

マツダは、『マツダ3 セダン』にSKYACTIV-G 1.5ガソリンエンジンを設定し、5月21日より販売を開始した。

マツダ初の量産EV『MX-30』、生産開始…今秋欧州発売へ 画像
エコカー

マツダ初の量産EV『MX-30』、生産開始…今秋欧州発売へ

◆欧州仕様車の航続はWLTP複合モードで約200km ◆最新世代のSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE ◆電動車向けに開発したe-GVC PLUS ◆センターオープン式のフリースタイルドア

マツダの国内工場、6月は休止せず…メキシコ工場も生産再開へ 画像
自動車 ビジネス

マツダの国内工場、6月は休止せず…メキシコ工場も生産再開へ

マツダは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生産調整について、6月の生産は国内全工場で休止なし、全日昼勤のみの操業を計画していると発表した。

マツダ CX-3、1.5リットルガソリンモデルを追加…100周年特別記念車も設定 画像
自動車 ニューモデル

マツダ CX-3、1.5リットルガソリンモデルを追加…100周年特別記念車も設定

マツダはコンパクトSUV『CX-3』に、軽快な走りを楽しめる1.5リットルガソリンエンジンモデルを追加設定するなど商品改良を施し、5月18日から予約受付を開始、6月4日に発売する。

【マツダ3 SKYACTIV-X 新型試乗】割高感を除けば、走りは大いに満足できる…渡辺陽一郎 画像
試乗記

【マツダ3 SKYACTIV-X 新型試乗】割高感を除けば、走りは大いに満足できる…渡辺陽一郎

◆エンジンを回す楽しさも味わえる ◆運転しやすく車両との一体感も得やすい ◆コスト低減が難しいのは理解できるが

マツダ、4月のグローバル販売が半減 新型コロナウイルス影響 画像
自動車 ビジネス

マツダ、4月のグローバル販売が半減 新型コロナウイルス影響

マツダが5月14日発表した4月のグローバル販売台数は、前年同月比54%減の5万台と半減したと発表した。

マツダ、9年ぶり最終赤字…新型コロナが影響 2020年1-3月期決算 画像
自動車 ビジネス

マツダ、9年ぶり最終赤字…新型コロナが影響 2020年1-3月期決算

マツダが5月14日発表した2020年1~3月期の連結決算は、当期損益が203億円の赤字に転落した。当期赤字は東日本大震災で生産・販売が落ち込み、急激に円高となった2011年以来、9年ぶり。前年同期は278億円の黒字だった。

マツダ 古賀専務「販売の質の改善ができたのはポジティブ」…2020年3月期営業利益は47%減の436億円 画像
自動車 ビジネス

マツダ 古賀専務「販売の質の改善ができたのはポジティブ」…2020年3月期営業利益は47%減の436億円

マツダは5月14日、2020年3月期の連結決算をメディアとの電話会議によって発表した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大などにより、営業利益は前期比47.0%減の436億円と、2期連続の減益になった。

マツダ古賀専務「コロナ後の変化に備え、研究開発活動を強化する必要がある」 画像
自動車 ビジネス

マツダ古賀専務「コロナ後の変化に備え、研究開発活動を強化する必要がある」

マツダの古賀亮取締役専務執行役員は5月14日に電話会議を通じて行った決算説明会で「新型コロナウイルス収束後にはクルマに求められる価値が変わる」とした上で、「変化を先取りするためには研究開発あるいは設備投資活動を強化する必要がある」との認識を示した。

マツダ、営業益47%減…為替や米国新工場費用など影響 2020年3月期決算 画像
自動車 ビジネス

マツダ、営業益47%減…為替や米国新工場費用など影響 2020年3月期決算

マツダは5月14日、2020年3月期(2019年4月~2020年3月)の連結決算を発表。営業利益は同47.0%減の436億円と大幅な減益となった。

マツダ2 に特別仕様、国産コンパクト唯一の白本革インテリア 画像
自動車 ニューモデル

マツダ2 に特別仕様、国産コンパクト唯一の白本革インテリア

マツダは、コンパクトカー『マツダ2』に特別仕様車「ホワイトコンフォート」と新外板色「ポリメタルグレーメタリック」を追加し、5月13日より販売を開始した。

    先頭 << 前 < 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 …30 …40 ・・・> 次 >> 末尾
Page 20 of 487