マツダ MX-30に関するニュースまとめ一覧

マツダのロータリーエンジンが復活、MX-30に搭載 2022年秋に北米 画像
自動車 ニューモデル

マツダのロータリーエンジンが復活、MX-30に搭載 2022年秋に北米

マツダのロータリーエンジンが復活する。北米マツダは10月から『MX-30 PHEV』の予告をウェブサイトで展開している。MX-30のプラグインハイブリッドEV仕様には、バッテリーに充電する“ロータリー・ジェネレーター”=ロータリーエンジンで作動する発電機が採用される。

マツダの新世代EV『MX-30』、米国発売 10月 画像
エコカー

マツダの新世代EV『MX-30』、米国発売 10月

◆魂動デザインをベースに新しい方向性を提示 ◆モーターは最大出力143hp ◆独自の「フリースタイルドア」

「キャラがわかりにくい?」マツダ MX-30のデザインがわかる十カ条 画像
自動車 ニューモデル

「キャラがわかりにくい?」マツダ MX-30のデザインがわかる十カ条

「いまいちキャラクターがわかりにくい」と、そんな声を耳にするマツダMX-30。それってつまり、デザインの「見所」がわかりにくいのでは? これまで皆さんが慣れ親しんできた魂動デザインとは、あえて違うことをやったのがMX-30だ。

マツダ、太陽光発電設備を本社工場に導入…MX-30 EV の充電などに供給 画像
自動車 ビジネス

マツダ、太陽光発電設備を本社工場に導入…MX-30 EV の充電などに供給

マツダは、製造領域での工場やオフィスのグリーン化推進の一環として、同社初となる太陽光発電設備の稼働を7月13日より開始した。

マツダ MX-30 ロータリーレンジエクステンダーは中止になっていない…日経報道はなぜ中止としたか 画像
自動車 ビジネス

マツダ MX-30 ロータリーレンジエクステンダーは中止になっていない…日経報道はなぜ中止としたか

6月28日、日経クロステックに「マツダがロータリーエンジンを使った電動車の開発を中止」したととれる内容の記事を公開した。だが、この記事の内容は正確ではない。

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】電池の総電力量を抑えたのには理由がある…渡辺陽一郎 画像
試乗記

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】電池の総電力量を抑えたのには理由がある…渡辺陽一郎

マツダ『MX-30』は「従来の(パターン化された)マツダ車には満足できないお客様を振り向かせたい」という考え方に基づいて企画された。従って基本部分を『CX-30』と共通化しながら、従来のマツダ車とは違うリラックス感覚が伴う。

【マツダ MX-30 EV】日立アステモのEV向けモーター/インバーターを採用 画像
エコカー

【マツダ MX-30 EV】日立アステモのEV向けモーター/インバーターを採用

日立アステモは、同社のEV向けモーターおよびインバーターが、マツダ初の量産電気自動車(EV)『MX-30 EV』に採用されたと発表した。

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】ハンドルにアクセル、レバーでブレーキ、自操車にEVを選んだ理由…丸山誠 画像
試乗記

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】ハンドルにアクセル、レバーでブレーキ、自操車にEVを選んだ理由…丸山誠

マツダ『MX-30 EV』(以下MX-30)は、クルマとして優れた乗り心地とハンドリングを実現しているのは、以前インプレッションをお届けしたとおりだ。

「いちいちボタン押したくない」CX-30/MX-30/マツダ3用アイドリングストップキャンセラー発売 画像
自動車 ビジネス

「いちいちボタン押したくない」CX-30/MX-30/マツダ3用アイドリングストップキャンセラー発売

ワントップは、CX-30/MX-30/マツダ3用「アイドリングストップキャンセラーIV」(TPT085AS)の販売を開始した。

マツダ『MX-30』にロータリーエンジン搭載へ…レンジエクステンダー 画像
エコカー

マツダ『MX-30』にロータリーエンジン搭載へ…レンジエクステンダー

◆PHVやマイルドハイブリッドも追加される予定 ◆EV版のモーターは最大出力144hp ◆最新の魂動デザインにフリースタイルドア

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】モーターにするだけでこれほど質感が上がるのか…丸山誠 画像
試乗記

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】モーターにするだけでこれほど質感が上がるのか…丸山誠

『MX-30 EV』は、マツダ初の量産EV。これまで『デミオEV』など地道な開発を継続していたことが、ようやく市販車に活かされたわけだ。

【マツダ MX-30 EV】「自操車」にプチ試乗、ただの「福祉車両」ではない新たな価値とは 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ MX-30 EV】「自操車」にプチ試乗、ただの「福祉車両」ではない新たな価値とは

マツダ『MX-30 EVモデル』ベースの自操車は、非常によく考えられている。アクセルリングと手動ブレーキの欧州方式で、走行中は両手でステアリングホイールが握れるだけでなく、フットブレーキを踏みながら始動させれば、通常のクルマとしても運転が可能になる。

マツダ MX-30、助手席エアバッグが正常に展開しないおそれ リコール 画像
自動車 テクノロジー

マツダ MX-30、助手席エアバッグが正常に展開しないおそれ リコール

マツダは4月8日、『MX-30』の助手席エアバッグに不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。対象となるのは2020年8月4日~11月24日に製造された2153台。

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】EVであることを忘れさせる…島崎七生人 画像
試乗記

【マツダ MX-30 EV 新型試乗】EVであることを忘れさせる…島崎七生人

マツダ『MX-30』は日本ではMHEV、EVが登場。2022年前半には、現時点で我々に詳細は不明だが「ロータリーエンジンを発電機とする電動化技術を搭載したクルマの投入」(マツダ)を予定しているという。

ホンダe とマツダ MX-30 が残る、2021ワールドカーデザインオブザイヤーのファイナリスト3車種 画像
モータースポーツ/エンタメ

ホンダe とマツダ MX-30 が残る、2021ワールドカーデザインオブザイヤーのファイナリスト3車種

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月30日、「2021ワールドカーデザインオブザイヤー」の最終選考3車種を発表した。

    1 2 3 4 5 6 > 次
Page 1 of 6