船舶

船舶最新ニュース

スズキ、小型フィッシングボート「S17」で日本ボート・オブ・ザ・イヤー部門賞を初受賞 画像
船舶

スズキ、小型フィッシングボート「S17」で日本ボート・オブ・ザ・イヤー部門賞を初受賞

スズキは2月14日、国内マリン事業子会社であるスズキマリンが販売する小型フィッシングボート「S17」が、「日本ボート・オブ・ザ・イヤー2019」の部門賞を受賞したと発表した。スズキマリンのボートが同賞を受賞するのは今回が初めて。

ヤマハ発動機が「レンジローバー」を展示? 異彩放つ「ボート」と「水上バイク」…大阪オートメッセ2020 画像
自動車 ニューモデル

ヤマハ発動機が「レンジローバー」を展示? 異彩放つ「ボート」と「水上バイク」…大阪オートメッセ2020

関西最大級のカスタムカーの祭典「大阪オートメッセ2020」にヤマハ発動機が出展した。ブースにはバイクではなく、なぜかレンジローバーのSUV『イヴォーク』、そしてマリンジェット(水上バイク)とプレジャーボートを展示し、異彩を放っている。

新旧「さるびあ丸」が同時出航---6月25日に3代目が初就航 画像
船舶

新旧「さるびあ丸」が同時出航---6月25日に3代目が初就航

東海汽船は、三菱造船で建造中の新造客船3代目「さるびあ丸」を6月25日に初就航させる。就航初便は東京・竹芝桟橋発、大島~神津島航路だ。就航初日は東京・竹芝桟橋発、三宅島~八丈島航路へ向かう2代目「さるびあ丸」との新旧・同時刻出航になる。

【ジャパンボートショー2020】240社が出展、展示ボート総額は約120億円 3月5-8日開催 画像
船舶

【ジャパンボートショー2020】240社が出展、展示ボート総額は約120億円 3月5-8日開催

日本マリン事業協会は2月6日、「ジャパンインターナショナルボートショー2020」についての記者会見を行い、その詳細を発表した。会期は3月5日~8日の4日間で、場所は昨年から1会場増えて、パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナ、みなとみらいぷかり桟橋の3カ所だ。

トラックでのタイヤの使い方をダンロップのスペシャリストが解説 画像
PR

トラックでのタイヤの使い方をダンロップのスペシャリストが解説

燃費目標5.4km/リットルを掲げるコイト運輸とダンロップのタイヤスペシャリストが対談

ヤマハ発動機、スポーツボート『SR320FB』『SR330』のイメージ一新 画像
船舶

ヤマハ発動機、スポーツボート『SR320FB』『SR330』のイメージ一新

ヤマハ発動機は、スポーツボート『SR320FB』および『SR330』のイメージを一新し、2020年3月に発売する。

トヨタ、燃料電池技術を初めて船舶に搭載…『ミライ』の技術を応用 画像
エコカー

トヨタ、燃料電池技術を初めて船舶に搭載…『ミライ』の技術を応用

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門のトヨタ・モーター・ヨーロッパは2月3日、燃料電池技術を初めて船舶向けに応用し、再生可能エネルギーで世界一周航海を目指しているフランスの「エナジー・オブザーバー号」に搭載した、と発表した。

なぜかボートが展示されているヤマハのブース…ジャパンキャンピングカーショー2020 画像
自動車 ニューモデル

なぜかボートが展示されているヤマハのブース…ジャパンキャンピングカーショー2020

展示されていたボートは、サンキャッチャー製のELITE326Cというレジャーボートだ。三胴の上にフラットデッキを渡しソファやテーブル、日焼けベッドなどが装備され、グループでのちょっとした海上ピクニックによさそうなボートだ。

【MaaS体験記】海上もオンデマンドで結ぶ「辺境の地」、その課題をテクノロジーで解決する志摩市 画像
自動車 ビジネス

【MaaS体験記】海上もオンデマンドで結ぶ「辺境の地」、その課題をテクノロジーで解決する志摩市

今回取材したのは、伊勢志摩エリアの観光を主目的とした近鉄グループホールディングスと志摩市の取り組み(以下「志摩MaaS」)だ。オンデマンド交通(オンデマンドバス)を利用して実際に観光地に足を運び、同乗した利用者の声を聞くことができた。

日産、NV350キャラバン バス釣り仕様など出展予定…フィッシングショー大阪2020 画像
モータースポーツ/エンタメ

日産、NV350キャラバン バス釣り仕様など出展予定…フィッシングショー大阪2020

日産自動車は、2月8~9日の2日間、インテックス大阪で開催される「フィッシングショーOSAKA 2020」に出展、釣り好きユーザーに向けた特別な『NV350キャラバン』と『NV200バネット』を展示する。

水に浮かんでゆるっと走る『Wheeebo』 ヤンマーがサービス提供を開始へ 画像
船舶

水に浮かんでゆるっと走る『Wheeebo』 ヤンマーがサービス提供を開始へ

ヤンマーは、水辺の新たなマリンアクティビティ『Wheeebo』(ウィーボ)のサービスを、2020年4月下旬頃よりグアムで提供開始する。円形のボードに乗り、体重移動によって水面を移動することができ、6歳からシニアまで幅広いユーザー層を想定している。

ヤマハ、高級スポーツボート「275SD」発売へ 美しさと高性能を備えた新フラッグシップ 画像
船舶

ヤマハ、高級スポーツボート「275SD」発売へ 美しさと高性能を備えた新フラッグシップ

ヤマハ発動機は12月25日、新開発のフラッグシップ「275SD」をはじめ、スポーツボート2020年モデル全5機種を順次発売すると発表した。275SDは、スポーツボートに求められるスピード性能や美しさ、高級感を追求。

東京オリンピック2020、交通の混雑緩和に「水上輸送船」運航も浮上[新聞ウォッチ] 画像
自動車 社会

東京オリンピック2020、交通の混雑緩和に「水上輸送船」運航も浮上[新聞ウォッチ]

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

北海道に新造フェリー『アマポーラ宗谷』…客室バリエーション充実 2020年2月就航 画像
船舶

北海道に新造フェリー『アマポーラ宗谷』…客室バリエーション充実 2020年2月就航

北海道の離島航路を運航しているハートランドフェリーは、2020年2月4日より稚内~利尻島・礼文島航路に新造船『アマポーラ宗谷』を就航させる。ハートランドフェリーが10日、発表した。旅行スタイルの多様化に対応して客室バリエーションを充実させた。

三菱重工、創業の地・長崎の主力造船所を売却へ[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

三菱重工、創業の地・長崎の主力造船所を売却へ[新聞ウォッチ]

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

ヴェゼル モデューロX 試乗会、参加者の声を聞いた 画像
PR

ヴェゼル モデューロX 試乗会、参加者の声を聞いた

ホンダアクセスが手掛ける「ヴェゼル モデューロX」の試乗イベントが開催された。ノーマル車とは何が違うのか? 乗り心地や走りの感想は? 開発者のこだわりや思いと共にレポートする

ヤマハ発動機、海洋プラスチック調査へ協力パートナーとして参加へ 画像
船舶

ヤマハ発動機、海洋プラスチック調査へ協力パートナーとして参加へ

ヤマハ発動機は12月11日、海洋研究開発機構(JAMSTEC)が実施する「海洋プラスチック汚染に関わる科学的調査」に調査協力パートナーとして参加すると発表した。

ヤンマー、フラッグシップモデル『X47エクスプレスクルーザー』を初披露 画像
船舶

ヤンマー、フラッグシップモデル『X47エクスプレスクルーザー』を初披露

ヤンマーは、クルーザーのフラッグシップモデル『X47エクスプレスクルーザー』を、同社が協賛するタイガー・ウッズ主催の米PGAツアー外競技「ヒーロー ワールド チャレンジ」(バハマ:12月4~7日)にて初披露した。

水陸両用バスによる「トワイライトクルーズ」を運航 画像
自動車 ビジネス

水陸両用バスによる「トワイライトクルーズ」を運航

富士急グループのフジエクスプレスは、12月8日~2020年1月5日の期間、水陸両用バス「TOKYO NO KABA」で、お台場の街並みの夜景とレインボーブリッジのライトアップを間近で鑑賞できる特別便「トワイライトクルーズ」を運航する。

東海汽船 3代目「さるびあ丸」が進水---2020年就航予定 画像
船舶

東海汽船 3代目「さるびあ丸」が進水---2020年就航予定

三菱重工グループの三菱造船は27日、東海汽船向けに建造中である貨客船の命名・進水式を行なった。本船は、東海汽船が運航する2代目「さるびあ丸」の代替船として同じ船名を引き継ぐ。

水陸両用バス「山中湖のカバ」、新車両増備 外国語アナウンスでインバウンド客をおもてなし 画像
モータースポーツ/エンタメ

水陸両用バス「山中湖のカバ」、新車両増備 外国語アナウンスでインバウンド客をおもてなし

富士急バスは、山中湖で運行する水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA(山中湖のカバ)」の新車両「KABA4」の運行を11月17日より開始する。

カワサキ、3人乗りジェットスキー「STXシリーズ」を15年ぶりにフルモデルチェンジ 画像
船舶

カワサキ、3人乗りジェットスキー「STXシリーズ」を15年ぶりにフルモデルチェンジ

カワサキモータースジャパンは、3人乗りジェットスキー(PWC、パーソナルアォータークラフト)のロングセラー『STX』シリーズをフルモデルチェンジ、2020年モデルとして「STX 160X」および「STX 160LX」を1月15日より発売する。

ヤマハ発動機、マリンジェット2020年モデルを順次発売 MJ-GP1800R SVHOを国内初導入 画像
船舶

ヤマハ発動機、マリンジェット2020年モデルを順次発売 MJ-GP1800R SVHOを国内初導入

ヤマハ発動機は、水上オートバイ「マリンジェット」の2020年モデル計7機種を、2019年11月1日より順次発売する。

ヤマハの新開発V8エンジン「F425A/FL425A」が市場から求められた理由 画像
船舶

ヤマハの新開発V8エンジン「F425A/FL425A」が市場から求められた理由

ヤマハ発動機はその名が示すとおり、モーターサイクルをはじめさまざまな分野のエンジンを開発している。

自動車運搬船がCO2を4割削減…LNG燃料、国内で初の建造 画像
船舶

自動車運搬船がCO2を4割削減…LNG燃料、国内で初の建造

日本郵船は、LNG(液化天然ガス)を燃料にする自動車運搬専用船を新来島どっくに発注、起工式が9月20日、新来島どっくグループの新来島豊橋造船(愛知県豊橋市)で実施された。国内造船所で建造されるLNG自動車専用船では初となる。

ヤンマー、クルーザーのフラッグシップモデル『X47エクスプレスクルーザー』の外観とレイアウトを公開 画像
船舶

ヤンマー、クルーザーのフラッグシップモデル『X47エクスプレスクルーザー』の外観とレイアウトを公開

ヤンマーは9月25日、フラッグシップモデル「X47エクスプレスクルーザー」の外観とレイアウトを公開した。

5000万台への搭載実績を持つHMIソリューションに迫る 画像
PR

5000万台への搭載実績を持つHMIソリューションに迫る

オーストリアで設立され、永年に渡って高い信頼性を獲得しているHMIソリューションを提供しているカンデラ社を紹介。先日行われたオートモーティブワールドでのブースの模様や製品開発責任者であるローランド・ウィンクラー氏へのインタビューからカンデラ社を紐解く

ヤンマー、船の管理業務をAI/ICTで効率化 情報支援サービス「SHIPSWEB」提供開始へ 画像
船舶

ヤンマー、船の管理業務をAI/ICTで効率化 情報支援サービス「SHIPSWEB」提供開始へ

ヤンマーエンジニアリングは、AI/ICT技術で外航船に搭載されたディーゼル補機関の管理業務をサポートする情報支援サービス「SHIPSWEB」の提供を11月1日より開始する。

ニュースをもっと見る

モーターショー

モーターショーをもっと見る

新型車

新型車をもっと見る