船舶ニュース記事一覧(2 ページ目)

ヤマハ 日高社長「先進国では二輪、四輪バギー、船外機の回復が想定より早い」 画像
モーターサイクル

ヤマハ 日高社長「先進国では二輪、四輪バギー、船外機の回復が想定より早い」

ヤマハ発動機の日高祥博社長は5月29日に電話会議を通じて行った決算説明会で、「先進国では二輪、四輪バギー、船外機すべての商品において足元の回復は想定より早い」と述べるとともに、「パーソナルモビリティを見直す人たちが増えてくれるのではないか」との考えを示した。

モーダルシフトで物流関係者が連携へ 国交省が補助金 画像
自動車 社会

モーダルシフトで物流関係者が連携へ 国交省が補助金

国土交通省は5月12日、温室効果ガス排出削減、流通業務の省力化による持続可能な物流体系を構築するため、物流関係者で構成される協議会が実施するモーダルシフトなどの取り組みに補助金を支給して支援する「モーダルシフト等推進事業」の公募を開始したと発表した。

ヤンマー、舶用燃料電池システムの開発を開始 MIRAI用ユニットを活用 画像
船舶

ヤンマー、舶用燃料電池システムの開発を開始 MIRAI用ユニットを活用

ヤンマーグループは5月12日、トヨタ・MIRAI用燃料電池ユニットをベースにした船舶用水素燃料電池システムの開発に着手したと発表した。

スズキが子会社でマスク製造を開始、搬送用間仕切りカーテンを浜松市に提供 画像
自動車 ビジネス

スズキが子会社でマスク製造を開始、搬送用間仕切りカーテンを浜松市に提供

スズキは、マスク不足を支援するため、製造子会社で布製マスクを生産してグループ従業員に配布するとともに、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染した軽症者を搬送する車両の、間仕切りカーテンを浜松市に提供する。

物流車両の交通量を減らす実証事業を選定 東京オリンピック・パラリンピック対策 画像
自動車 社会

物流車両の交通量を減らす実証事業を選定 東京オリンピック・パラリンピック対策

国土交通省は4月28日、2021年に開催が延期された東京オリンピック・パラリンピック競技大会の期間中、交通量抑制・分散を目的に、共同輸配送、平準化に向けた実証事業を9事業選定したと発表した。

アメリカ海軍、病院船を出動…ロサンゼルスとニューヨーク[フォトレボート] 画像
船舶

アメリカ海軍、病院船を出動…ロサンゼルスとニューヨーク[フォトレボート]

アメリカ海軍は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、保有する2隻の病院船を1隻ずつ、西海岸と東海岸に派遣した。ウイルスに感染していない疾病者の診療にあたる。「マーシー」が3月27日にロサンゼルスに、「コンフォート」が3月29日にニューヨークに入港した。

ヤンマー、マリン事業拡大に向け新会社を設立 画像
船舶

ヤンマー、マリン事業拡大に向け新会社を設立

ヤンマーホールディングスは4月1日、オランダのヤンマーマリンインターナショナル(YMI)傘下として、マリン事業の新会社「ヤンマーマリンインターナショナルアジア(YMIアジア)」を大分県国東市(旧ヤンマー造船本社)に設立した。

スズキ、初のマリン製品海外開発拠点をフロリダに新設 画像
船舶

スズキ、初のマリン製品海外開発拠点をフロリダに新設

スズキは、米国子会社を通じ、フロリダ州パナマシティ市にマリン製品のテスト拠点「スズキマリンテクニカルセンターUSA」を新設すると発表した。スズキがマリン製品の技術開発拠点を海外に設置するのは今回が初めてとなる。

東海汽船「セブンアイランド結」命名・着水式---新型ジェットフォイル 画像
船舶

東海汽船「セブンアイランド結」命名・着水式---新型ジェットフォイル

東海汽船は3月26日、川崎重工業神戸工場において建造中の超高速旅客船(ジェットフォイル)の命名・着水式を行なった。船名は「セブンアイランド結(ゆい)」となった。

ヤンマー、新型フィッシングボート『EX28C』を発表…釣りに最適なスタイリングとデッキレイアウト 画像
船舶

ヤンマー、新型フィッシングボート『EX28C』を発表…釣りに最適なスタイリングとデッキレイアウト

ヤンマー舶用システムは、フィッシング機能、航走性能を充実した新型フィッシングボート『EX28C』を3月20日より受注を開始する。

ボートや水上バイクのペーパークラフトコンテンツ、ブラザーが無料配信 画像
船舶

ボートや水上バイクのペーパークラフトコンテンツ、ブラザーが無料配信

ブラザー販売は、プリンターを活用して家族や友達と楽しめる無料ダウンロードコンテンツ配信サイト「プリふれ」にて、ボートや水上バイクなどを紙で作れるペーパークラフトコンテンツ「マリーナタウンキット」を公開した。

スズキ、マリーナネットワークに加盟…全国12か所で充実したサービス 画像
船舶

スズキ、マリーナネットワークに加盟…全国12か所で充実したサービス

スズキの国内マリン事業子会社であるスズキマリンが運営する4か所のスズキマリーナが、国内の民営マリーナ同士が連携してサービスを提供する取り組み「マリーナネットワーク」に新たに加盟し、2020年4月よりサービスを開始する。

ホバークラフト復活へ…大分空港アクセスで2023年以降 画像
船舶

ホバークラフト復活へ…大分空港アクセスで2023年以降

大分県は3月4日、大分空港への海上アクセスの導入について発表した。大分市と大分空港との間にホバークラフト航路を開設するのが適当、としている。この区間には以前もホバークラフトが運航されており、復活となる。運航開始は2023年以降の予定だ。

【ジャパンボートショー2020】新型コロナウイルス感染のリスクで中止[仮想フォトレポート] 画像
船舶

【ジャパンボートショー2020】新型コロナウイルス感染のリスクで中止[仮想フォトレポート]

「ジャパンインターナショナルボートショー2020」は、3月5日から4日間パシフィコ横浜および横浜ベイサイドマリーナでの開催が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染が拡大しているため、中止された。公表されていた出展予定を以下にまとめる(順不動)。

日本無線、船舶の接近を知らせる「海の安全安心アプリ」をリリース 画像
船舶

日本無線、船舶の接近を知らせる「海の安全安心アプリ」をリリース

JRC日本無線は、船舶の接近や地震・津波による危険を通知する海の安全安心アプリ「JM-Watcher II」を開発し、3月5日よりダウンロード提供を開始する。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 2 of 180