アクセスランキング | レスポンス(Response.jp)

総合ニュースアクセスランキング

総合デイリーランキング1〜10位

  1. 【トヨタGR】新ブランド発表…すべての人に、スポーツカーの楽しさを 画像
    1

    【トヨタGR】新ブランド発表…すべての人に、スポーツカーの楽しさを

    自動車 ニューモデル

    トヨタは19日、モータースポーツ直系ブランド「GRシリーズ」を立ち上げると発表した。“究極のスポーツモデル”を追求した「GRMN」を頂点として、量産型スポーツモデルの「GR」、多彩なカテゴリーのモデルに展開する「GRスポーツ」の3つのシリーズからなる。

  2. 【スズキ スイフトスポーツ 新型】3代目は「スイフトの派生ではない」…初のターボ、3ナンバー化で“究極のドライビング”追求 画像
    2

    【スズキ スイフトスポーツ 新型】3代目は「スイフトの派生ではない」…初のターボ、3ナンバー化で“究極のドライビング”追求

    自動車 ニューモデル

    3代目となるスズキ『スイフトスポーツ』が9月13日に発表となった。「スイフト」の名を冠しているものの「全く別の車種として開発した」と、開発責任者の小堀昌雄氏は語る。

  3. メルセデス GLE 次期型、21年目の大型モデルチェンジで大胆イメチェン!? 画像
    3

    メルセデス GLE 次期型、21年目の大型モデルチェンジで大胆イメチェン!?

    自動車 ニューモデル

    メルセデスベンツのミドルクラス・クロスオーバーSUV『GLE』が、次期型で歴代もっともオフロード色の強いデザインとなる可能性が高いことが分かった。

  4. 【インプレッサ STIパフォーマンス 試乗】“普通のインプレッサ”の素性を活かすという新アプローチ…諸星陽一 画像
    4

    【インプレッサ STIパフォーマンス 試乗】“普通のインプレッサ”の素性を活かすという新アプローチ…諸星陽一

    試乗記

    スバルのモータースポーツを支えるワークスであるSTI(スバルテクニカインターナショナル)では昨年登場した現行『インプレッサ』をベースとした「STIパフォーマンス」を登場させた。

  5. 【フランクフルトモーターショー2017】4億6000万円の和製スーパーカー、0-100km/hは2秒! 画像
    5

    【フランクフルトモーターショー2017】4億6000万円の和製スーパーカー、0-100km/hは2秒!

    自動車 ニューモデル

    フランクフルトモーターショー会場9ホールに異様なルックスのスーパーカーが忽然と現れた。アスパークが開発した和製EVスーパーカー『OWL』だ。

  6. 【F1 シンガポールGP】スタート直後の大波乱でフェラーリ2台リタイア、ハミルトンが今季7勝目 画像
    6

    【F1 シンガポールGP】スタート直後の大波乱でフェラーリ2台リタイア、ハミルトンが今季7勝目

    モータースポーツ/エンタメ

    2017年のF1第14戦シンガポールGPの決勝レースが17日、マリーナベイ・ストリートサーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季7勝目を挙げた。

  7. 【フランクフルトモーターショー2017】メガーヌ「R.S.Monitor」で自分の走りを分析・シェア 画像
    7

    【フランクフルトモーターショー2017】メガーヌ「R.S.Monitor」で自分の走りを分析・シェア

    自動車 ニューモデル

    メガーヌR.S.はその走行性能を試すにはサーキットのような場所が必要だ。できればその走行データを分析できれば、タイムアタックも別の楽しみ方が可能だ。R.S.に装備された「R.S. Monitor」はそれを実現してくれる。

  8. 【日産 リーフ 新型】受注が4000台に…西川社長「絶好調な出だし」 画像
    8

    【日産 リーフ 新型】受注が4000台に…西川社長「絶好調な出だし」

    自動車 ニューモデル

    日産自動車の西川廣人社長は、新型『リーフ』の受注が9月6日の発表からおよそ2週間で4000台に達したことを明らかにした。

  9. 【SUPER GT】レースクィーン衣装窃盗犯、逮捕…容疑者確保にチームとファンも協力 画像
    9

    【SUPER GT】レースクィーン衣装窃盗犯、逮捕…容疑者確保にチームとファンも協力

    モータースポーツ/エンタメ

    SUPER GT参戦チーム「LEXUS TEAM WedsSport BANDOH」のタイトルスポンサーである「株式会社ウェッズ」は8日、リリースを発行し、昨年9月のイベント時にレースクィーンの衣装を盗んだとみられる容疑者が1月に別のイベント会場にて「確保」された旨を報告した。

  10. 【エスクァイア TRDカスタム 試乗】見た目はより柔らかく、走りはより引き締まった…諸星陽一 画像
    10

    【エスクァイア TRDカスタム 試乗】見た目はより柔らかく、走りはより引き締まった…諸星陽一

    試乗記

    TRDのヒットパーツ、ドアスタビライザーが『ノア』『ヴォクシー』『エスクァイア』に対応した。

総合デイリーランキング11〜20位

  1. 【フランクフルトモーターショー2017】ホンダ CR-V ハイブリッド プロトタイプ[詳細画像] 画像
    11

    【フランクフルトモーターショー2017】ホンダ CR-V ハイブリッド プロトタイプ[詳細画像]

    自動車 ニューモデル

    『CR-V ハイブリッド プロトタイプ』は、新型『CR-V』をベースに開発された欧州向けハイブリッド車のプロトタイプ。ホンダのハイブリッド技術がSUVに搭載されるのは、欧州では新型CR-Vが初。

  2. 【エクストレイル NISMOパフォーマンス 試乗】マウンテンバイクにロードタイヤを付けたよう…諸星陽一 画像
    12

    【エクストレイル NISMOパフォーマンス 試乗】マウンテンバイクにロードタイヤを付けたよう…諸星陽一

    試乗記

    日産のモータースポーツ部門を担当するNISMO(ニスモ)からリリースされている「ニスモパフォーマンスパッケージ」に、マイナーチェンジ後の『エクストレイル』用が登場した。

  3. 【ホンダ フィットRS 試乗】どうせ売れないなら、フリークをうならせる足回りに…井元康一郎 画像
    13

    【ホンダ フィットRS 試乗】どうせ売れないなら、フリークをうならせる足回りに…井元康一郎

    試乗記

    ボディ、シャーシ、エンジン等、さまざまな部分に手が入ったことにより、ハイブリッドは期待値を大幅に上回る進化ぶりを見せた。それに対し、期待値を下回っていたのは1.5リットル自然吸気エンジンを搭載するRSだった。

  4. ヤマハ発動機、9モデルを生産終了---SR400など次期モデル開発 画像
    14

    ヤマハ発動機、9モデルを生産終了---SR400など次期モデル開発

    モーターサイクル

    ヤマハ発動機は、2016年の二輪車排出ガス規制などによって8月末で『SR400』など9モデルを生産終了としたと発表した。

  5. 北米COTY2018、セミファイナル11車種…カムリ と アコード 残る 画像
    15

    北米COTY2018、セミファイナル11車種…カムリ と アコード 残る

    自動車 ビジネス

    北米カーオブザイヤー主催団体は9月15日、「2018北米カーオブザイヤー」の乗用車カテゴリーのセミファイナリスト11車種を発表した。

  6. 【フランクフルトモーターショー2017】ルノー メガーヌ R.S. 新型…セグメント初の4輪操舵[詳細画像] 画像
    16

    【フランクフルトモーターショー2017】ルノー メガーヌ R.S. 新型…セグメント初の4輪操舵[詳細画像]

    自動車 ニューモデル

    ルノーの高性能車部門、ルノースポールが開発を手がけた新型『メガーヌR.S.』。注目のエンジンは、先代よりも排気量を200cc縮小した直噴1.8リットル直列4気筒ガソリンターボ。

  7. オートアート、トヨタ 2000GT 1/18スケールモデルを新規金型でリニューアル 画像
    17

    オートアート、トヨタ 2000GT 1/18スケールモデルを新規金型でリニューアル

    自動車 ビジネス

    ミニカー製造販売のオートアートは、1967年の登場から生誕50周年を迎えた国産スポーツカー『トヨタ2000GT』1/18スケールモデルをリニューアルし、近日発売する。

  8. 経産省自動車課長「免許取得をより簡単に」---規制緩和に言及 画像
    18

    経産省自動車課長「免許取得をより簡単に」---規制緩和に言及

    自動車 社会

    経済産業省の川野大志自動車課長は、神戸市で開催された「BIKE LOVE FORUM」(バイク・ラブ・フォーラム=BLF)の中で、改めて市場活性化する規制緩和として、免許取得について触れた。

  9. 【レンジローバー ヴェラール 試乗】スリークで上品という魅力…島崎七生人 画像
    19

    【レンジローバー ヴェラール 試乗】スリークで上品という魅力…島崎七生人

    試乗記

    レンジローバー・ファミリーの4番目のモデルとして登場した『レンジローバー・ヴェラール』。名は体を表わすを地で行くような、何やらミステリアスなクルマだ…が第一印象だった。

  10. 【ホンダ N-BOX 試乗】“個人の感想”を抜きにすれば、よくできている…島崎七生人 画像
    20

    【ホンダ N-BOX 試乗】“個人の感想”を抜きにすれば、よくできている…島崎七生人

    試乗記

    全体をパーン!と大きなひとつの“張り”で見せていた先代に較べ、新型のスタイルはD社やS社との横並び感が強まった。先代のピュアな佇まいが気に入っていた隠れNシリーズファン(?)としては少々複雑な思い…というのは正直なところ。

総合デイリーランキング21〜30位

  1. 21

    地方版図柄入りナンバープレート導入意向、40地域が表明…中間集計

    自動車 社会

    国土交通省は、地方版図柄入りナンバープレート意向表明の状況について中間報告を発表した。

  2. 22

    トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

    自動車 社会

    トヨタ自動車のグローバルカー、『カローラ』。同車の優れた耐久性を示した映像が、ネット上で話題になっている。

  3. 23

    ルノー カングー に限定車…「原点回帰」で即完売

    自動車 ニューモデル

    ルノー・ジャポンは『カングー ラ・タント・イレーズ』を9月14日より60台限定で販売を開始した。価格は274万円。

  4. 24

    【自動車パーツ豆知識】ショックアブソーバー って何?…交換時期、メンテナンス編

    自動車 ビジネス

    ショックアブソーバーはライトチューニングでは定番アイテムのひとつだが、安全にかかわる部品でもあるため定期的な交換・メンテナンスが必要な部品でもある。

  5. 25

    【期待が外れた】日産 スカイライン V35型…こんなカタチで自ら終わらせなくても

    自動車 ビジネス

    年末年始の読み物「期待外れの車」シリーズ。ディスるわけではありません。その車が誕生した時、ユーザーや関係者の期待は大きかったものの、名車になれなかった“惜しい”モデルを紹介していきます。筆者はおなじみ岩貞るみこさん。

  6. 26

    【東京オートサロン2017】8人乗りを4人乗りに改造した2300万円のストレッチレクサス

    自動車 ニューモデル

    ランクルなど大型SUVのドレスアップやカスタマイズに強いGMGは2台のレクサスLX570の展示。1台はかなりボリュームのあるエアロパーツ仕様。もう一台はよく見ると全長が少し長くなったストレッチカーだ。

  7. 27

    【システム構築術研究】内蔵アンプシステムA編

    自動車 テクノロジー

    カーオーディオの楽しみ方にはいろいろなアプローチがある。ライトなシステムで気軽に楽しむ人もいれば、大がかりなシステムを構築して究極を追求する人もいる。そして、それぞれのアプローチごとで、それぞれに“楽しみ方のコツ”がある…。

  8. 28

    【トヨタGR】豊田社長「全ての人にファン・トゥ・ドライブを」…GAZOOの新スポーツカー

    自動車 ビジネス

    トヨタ自動車のモータースポーツ事業などを担当する社内分社組織である「GAZOOレーシングカンパニー」は9月19日、都内の同社施設「MEGA WEB」で新スポーツカーブランドである「GR」シリーズの展開を発表した。

  9. 29

    ランボルギーニの頂点へ...アヴェンタドール に780馬力「ペルフォマンテ」登場か

    自動車 ニューモデル

    ランボルギーニのフラッグシップ『アヴェンタドール』の新たな高性能モデルと思われるプロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが捉えた。今回はクーペ&ロードスターのダブルスクープだ。

  10. 30

    【マツダ CX-8】けん引重量は750kgまで、その理由は「走りを諦めたくないから」

    自動車 ニューモデル

    12月14日に発売されるマツダの3列シートクロスオーバーSUV『CX-8』。このモデルの目玉の一つ(?)として注目したいのが、ディーラーオプションで「トレーラーヒッチ」が選べることだ。