マツダ6に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
マツダ マツダ アテンザ
マツダ6 に2021年モデル、「カーボンエディション」設定…9月末に米国発売 画像
自動車 ニューモデル

マツダ6 に2021年モデル、「カーボンエディション」設定…9月末に米国発売

◆ブラックアクセント+赤レザー内装のカーボンエディション ◆最大出力250hpの2.5リットル直4ターボ ◆最新のマツダコネクト ◆G-ベクタリング コントロール プラスを全車に搭載 ◆最新の「i-ACTIVSENSE」も全車標準

【マツダ6 100周年特別記念車】記念バッジとスペシャルロゴが光る[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ6 100周年特別記念車】記念バッジとスペシャルロゴが光る[詳細画像]

創立100周年を迎えたマツダは、「100周年特別記念車」の予約受注を開始。記念車にはマツダ初の乗用車『R360クーペ』をモチーフにした赤と白のカラーコーディネートが内外装に採用され、100周年記念ロゴなど特別装備が追加された。

歴代マツダ車、開発主査が選ぶ1台…マツダ3担当・谷本智弘主査、マツダ6担当・脇家満主査 画像
自動車 ビジネス

歴代マツダ車、開発主査が選ぶ1台…マツダ3担当・谷本智弘主査、マツダ6担当・脇家満主査

マツダの100周年スペシャルサイトでは現在、歴代モデルの人気投票が行われている。4月6日集計時のTOP3は『AZ-1』『ランティス』『マツダ787』。そこで、マツダの開発主査に、「私の選ぶ1台」とTOP3のモデルについて語ってもらった。

マツダ 100周年 特別記念車、登録乗用車の全車種に設定 予約受注を開始 画像
自動車 ニューモデル

マツダ 100周年 特別記念車、登録乗用車の全車種に設定 予約受注を開始

マツダは、創立100周年を記念した特別仕様車を国内で市販する登録乗用車全車種に設定し、2021年3月末までの期間限定で販売。4月3日より(マツダ6は5月以降)予約受注を開始した。

オートエクゼ スポーツクラッチライン、現行マツダMT車7モデルに対応 画像
自動車 ビジネス

オートエクゼ スポーツクラッチライン、現行マツダMT車7モデルに対応

オートエクゼは、「スポーツクラッチライン」に現行マツダMT車対応品を追加設定し、販売を開始した。

マツダの4車種、米IIHSの最高評価「トップセーフティ+」獲得…自動車メーカー最多 画像
自動車 テクノロジー

マツダの4車種、米IIHSの最高評価「トップセーフティ+」獲得…自動車メーカー最多

マツダ(Mazda)の米国部門の北米マツダは2月12日、2020年型の『マツダ3』、『マツダ6』、『CX-3』、『CX-5』の4車種が、米IIHS(道路安全保険協会)から最高の安全性評価の「2020トップセーフティ+」を獲得した、と発表した。

マツダ6 に2020年モデル、ロサンゼルスモーターショー2019で発表へ 画像
自動車 ニューモデル

マツダ6 に2020年モデル、ロサンゼルスモーターショー2019で発表へ

◆2.5リットル直4ターボは250hp ◆マツダコネクトは最新版に ◆最新の「i-ACTIVSENSE」が全車標準

マツダ6 に2020年型、今秋米国発売へ…2万4000ドルから[訂正] 画像
自動車 ニューモデル

マツダ6 に2020年型、今秋米国発売へ…2万4000ドルから[訂正]

◆最大出力250hpの 2.5リットルターボ設定 ◆最新のマツダコネクト ◆G-ベクタリング コントロール プラスが全車標準 ◆最新の「i-ACTIVSENSE」も全グレードに標準装備

バブル期の反省から復活再生…車名ブランドを統合したマツダの国内営業戦略 画像
自動車 ビジネス

バブル期の反省から復活再生…車名ブランドを統合したマツダの国内営業戦略

MAZDA6が正式発表される1週間ほど前、東京本社にて報道陣向けのプレスカンファレンスが開催された。そこでは、ブランド名統合の背景となる国内販売戦略について詳しく解説された。

アテンザ、デミオも海外名称に統一、ロードスターは存続…マツダの思い 画像
自動車 ニューモデル

アテンザ、デミオも海外名称に統一、ロードスターは存続…マツダの思い

マツダは7月4日、『アテンザ』の一部改良を機に、モデル名を海外名称である『マツダ6』に統一すると発表した。また『デミオ』についても近く予定している商品改良に合わせて同様に『マツダ2』に変える。一方、『ロードスター』に関しては国内モデル名を維持する方針。

マツダ 福原常務「『ロードスター』だけは残す」…国内車名を海外名と統一 画像
自動車 ビジネス

マツダ 福原常務「『ロードスター』だけは残す」…国内車名を海外名と統一

マツダの国内営業部門を担当する福原和幸常務執行役員は、このほどメディア向けに事業説明会を開き、『アテンザ』など国内向けの車名を変更し、『MAZDA6』や『CX-5』など、海外で使用している英数字を組み合わせた名称に統一すると明らかにした。

【マツダ6 改良新型】アテンザ改め、2.5リットルターボを新設定 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ6 改良新型】アテンザ改め、2.5リットルターボを新設定

マツダは7月4日、同社のフラッグシップモデルである『アテンザ』を改良し、車名も海外で採用している『MAZDA6』(マツダ6)に変更して同日から予約受注を始めたと発表した。発売は8月1日。

マツダ アテンザも「マツダ6」へ!? 次期モデルはFR化&直6搭載のウワサ 画像
自動車 ニューモデル

マツダ アテンザも「マツダ6」へ!? 次期モデルはFR化&直6搭載のウワサ

マツダのフラッグシップ・4ドアサルーン、『アテンザ』次期型に関する情報を入手した。

マツダ6 に2019年型、G-ベクタリング コントロール プラス採用…2万3800ドルから 画像
自動車 ニューモデル

マツダ6 に2019年型、G-ベクタリング コントロール プラス採用…2万3800ドルから

◆G-ベクタリング コントロール プラスを全グレードに標準装備 ◆最新の「i-ACTIVSENSE」も全グレードに標準装備 ◆上級グレードに2.5リットルターボエンジン(最大出力は250hp)を継続搭載

マツダ6 改良新型はApple CarPlayとAndroid Autoに対応、日本でも年内に導入か…ニューヨークモーターショー2018 画像
自動車 ニューモデル

マツダ6 改良新型はApple CarPlayとAndroid Autoに対応、日本でも年内に導入か…ニューヨークモーターショー2018

マツダは、ニューヨークモーターショー2018において改良新型『CX-3』をワールドプレミア。『マツダ 魁 CONCEPT』も北米初公開した。

    Page 1 of 1