スズキニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

スズキに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
スズキWRC スズキ アルト スズキ アルトラパン スズキ イクエーター スズキ SX4 スズキ エスクード スズキ エブリイ スズキ MRワゴン スズキ カプチーノ スズキ カルタス スズキ Kei スズキ ジムニー スズキ スイフト スズキ スプラッシュ スズキ セルボ スズキ ソリオ スズキ ツイン スズキ パレット スズキ ワゴンR スズキ コンセプトカー 日産自動車 GM スズキ イーコ スズキ キザシ スズキ スペーシア スズキスポーツ
新型 ジムニー が「Gクラス」風に変身!? カスタムキットが先行予約開始 画像
自動車 ニューモデル

新型 ジムニー が「Gクラス」風に変身!? カスタムキットが先行予約開始

日本が世界に誇るチューナー、「Liberty Walk」(リバティウォーク)が、スズキ『ジムニー』をメルセデス『Gクラス』風に変身させる夢のキット「G mini」をインスタグラムで発表した。

【スズキ ジムニーシエラ 新型試乗】ロールの大きささえも魅力のひとつにしてしまう…御堀直嗣 画像
試乗記

【スズキ ジムニーシエラ 新型試乗】ロールの大きささえも魅力のひとつにしてしまう…御堀直嗣

『ジムニーシエラ』は、ジムニーの各機構を活用しながら、オーバーフェンダーを装備し、トレッドを前後それぞれ40mm広げている。ホイールベースはジムニーと同じだ。

スズキ社長「担当者の判定基準の理解が不十分で、管理職のチェックが行き届かなかった」 画像
自動車 ビジネス

スズキ社長「担当者の判定基準の理解が不十分で、管理職のチェックが行き届かなかった」

スズキは8月9日、燃費・排ガスの抜き取り検査で無効な測定を有効と処理していた問題について記者会見をし、鈴木俊宏社長は「経営者として深く反省しており、先頭に立って再発防止策を進める」を話した。

完成車検査問題でスズキ、ヤマハ発、マツダ3社同日発表[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

完成車検査問題でスズキ、ヤマハ発、マツダ3社同日発表[新聞ウォッチ]

スズキとヤマハ発動機、それにマツダの3社が、出荷前の新車の排ガスや燃費を測定する検査で、国の規定にそぐわない方法で行っていたことが、国土交通省から指示された社内調査で判明した。長期夏季休暇に入る前の8月9日、3社が都内で相次いで記者会見を行った。

【スズキ ジムニー 新型試乗】安心して「遊べる」クルマだ…御堀直嗣 画像
試乗記

【スズキ ジムニー 新型試乗】安心して「遊べる」クルマだ…御堀直嗣

モノコックではなく、ラダーフレームの上に車体を乗せる構造のクルマに久しぶりに乗ったが、悪路走破性を最優先した本格的四輪駆動車らしい、逞しく、かつ路面に対ししなやかに動くサスペンションの様子を伝える走り方であった。

スズキ、燃費・排ガス抜取検査で不適切な取扱い 6401台の無効データを有効に 画像
自動車 ビジネス

スズキ、燃費・排ガス抜取検査で不適切な取扱い 6401台の無効データを有効に

スズキは8月8日、完成車の燃費・排ガスの抜取検査において、四輪車6401台で不適切な取扱いがあったと国土交通省に報告した。

スズキ・マツダ・ヤマハ発動機も発覚 不適切な燃費・排ガス抜き取り検査 画像
自動車 社会

スズキ・マツダ・ヤマハ発動機も発覚 不適切な燃費・排ガス抜き取り検査

国土交通省は8月9日、完成車の燃費・排ガスの抜き取り検査で、スズキ、マツダ、ヤマハ発動機が不適切な方法で行っていたとの報告があったと発表した。

【池原照雄の単眼複眼】格差広がった乗用車7社の第1四半期…営業利益率は2ケタ乗せのスズキがトップに 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】格差広がった乗用車7社の第1四半期…営業利益率は2ケタ乗せのスズキがトップに

乗用車7社の2019年3月期の第1四半期(4~6月期)決算は増益が4社、減益が3社となり、近年になく企業間格差が広がる結果となった。

際立つスズキの好決算、株価もトヨタを抜く高値更新…自動車7社4-6月期[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

際立つスズキの好決算、株価もトヨタを抜く高値更新…自動車7社4-6月期[新聞ウォッチ]

自動車大手7社の2018年4~6月期連結決算が出そろった。トヨタ自動車、ホンダ、スズキ、三菱自動車の4社が前年同期比で増益を確保し、このうちトヨタとスズキは4~6月期としては純利益が過去最高を更新した。

スズキ、新たなバリエーション「スズキスポーツ」コンセプトを発表…インドネシアモーターショー2018 画像
自動車 ニューモデル

スズキ、新たなバリエーション「スズキスポーツ」コンセプトを発表…インドネシアモーターショー2018

スズキのインドネシア現地法人PTスズキ・インド・モービル・セールス(SIS)は2日、インドネシア国際モーターショー(GIIAS)2018において、同国内で販売する一部の車種を対象とした特別仕様車「スズキスポーツ・コンセプト」シリーズを発表した。

【スズキ ジムニーシエラ 新型試乗】今度のシエラ、売れるんじゃない?…中村孝仁 画像
試乗記

【スズキ ジムニーシエラ 新型試乗】今度のシエラ、売れるんじゃない?…中村孝仁

軽自動車の『ジムニー』に対し、小型車枠のモデルが『ジムニーシエラ』と呼ばれることはご存知の通り。これまでは年間およそ4万台の総販売に対し、ジムニー1万5000台、シエラ2万5000台というのが、アバウトな販売比率であったそうである。

シエラ ボディの『ジムニー・コンセプト』が大人気…インドネシアモーターショー2018 画像
自動車 ニューモデル

シエラ ボディの『ジムニー・コンセプト』が大人気…インドネシアモーターショー2018

ジャカルタで開催中のインドネシア国際モーターショー(GIIAS)2018に来てみると、スズキは日本で発売されているシエラを『ジムニー・コンセプト』として出展していた。

スズキの二輪車事業、増収増益 2018年4-6月期 画像
モーターサイクル

スズキの二輪車事業、増収増益 2018年4-6月期

スズキが発表した2018年4~9月期連結決算で、二輪車事業は増収増益となった。

スズキ、売上・利益ともに過去最高 2018年4-6月期決算 画像
自動車 ビジネス

スズキ、売上・利益ともに過去最高 2018年4-6月期決算

スズキは8月2日、2018年4月~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。売上高および各利益はいずれも過去最高となった。

スズキ 長尾常務「油断せずに開発投資強化」…第1四半期営業利益は37%増で最高に 画像
自動車 ビジネス

スズキ 長尾常務「油断せずに開発投資強化」…第1四半期営業利益は37%増で最高に

スズキが8月2日に発表した2019年3月期の第1四半期(4~6月期)連結決算は、営業利益が前年同期比37%増の1165億円と、。この期では過去最高になった。主力のインドでの四輪車販売が大幅増で最高を記録した。通期予想は据え置いた。

【スズキ アドレス125 試乗】大きくなってもやっぱり「通勤快速」だった…青木タカオ 画像
モーターサイクル

【スズキ アドレス125 試乗】大きくなってもやっぱり「通勤快速」だった…青木タカオ

“通勤快速”と呼び声高い原2クラスの雄“スズキ・アドレス”だが、最新型『アドレス125』は車体が大柄となって、その名声に疑問符が付くようなことはないのだろうか。『アドレス125フラットシート仕様』に乗って、確かめてみた。

スズキ ビターラ 改良新型、デュアルセンサーブレーキサポート採用 画像
自動車 ニューモデル

スズキ ビターラ 改良新型、デュアルセンサーブレーキサポート採用

スズキの欧州部門は7月30日、『ビターラ』(Suzuki Vitara、日本名:『エスクード』)の改良新型を欧州で発表し、同車に最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

スズキ ビターラ 改良新型、1.0リットルエンジン新搭載…欧州で先行発表 画像
自動車 ニューモデル

スズキ ビターラ 改良新型、1.0リットルエンジン新搭載…欧州で先行発表

スズキの欧州部門は7月30日、『ビターラ』(Suzuki Vitara、日本名:『エスクード』)の改良新型モデルを欧州で発表した。

【スズキ ジムニー 試乗】今まで以上にリスペクトします!…中村孝仁 画像
試乗記

【スズキ ジムニー 試乗】今まで以上にリスペクトします!…中村孝仁

これまでも、それなりにこのクルマはリスペクトしてきた。先代はとにかく20年も作り続け、ライバルが木の葉が落ちるように、1台また1台と市場から去っていく中、しっかりとした固定層を作り、市場を守り抜いてきた。その名は、スズキ『ジムニー』である。

鈴鹿8耐 GPスクエア、スズキブースは GSX-R 推し! 画像
モータースポーツ/エンタメ

鈴鹿8耐 GPスクエア、スズキブースは GSX-R 推し!

7月26日から鈴鹿サーキットで開催中の“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会。台風12号の影響により、28日はGPスクエアでのイベント及び出展ブースも中止となった。

スズキ、クロスビー 投入効果で登録車販売台数新記録 2018年上半期 画像
自動車 ビジネス

スズキ、クロスビー 投入効果で登録車販売台数新記録 2018年上半期

スズキは7月27日、2018年上半期(1~6月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同期比7.4%増の176万5232台と、2年連続のプラスとなった。

【スズキ ジムニーシエラ 新型試乗】軽ジムニーへのアドバンテージは見た目以上にある…島崎七生人 画像
試乗記

【スズキ ジムニーシエラ 新型試乗】軽ジムニーへのアドバンテージは見た目以上にある…島崎七生人

軽の『ジムニー』とともに小型車枠の『ジムニーシエラ』もフルモデルチェンジされたのはご承知のとおり。“シエラ”と名付けられたのは2代目の時だが、このネーミングよりも先に、当初は排気量1リットルでスタートを切ったのがこのシリーズの始まりだった。

スズキ、「スズキコネクト」を導入…日本に先駆けインドで 画像
自動車 テクノロジー

スズキ、「スズキコネクト」を導入…日本に先駆けインドで

スズキのインド子会社、マルチスズキは7月24日、高級車ディーラーの「NEXA」(ネクサ)で販売する全車種に、「スズキコネクト」を導入すると発表した。

【スズキ ジムニー 新型試乗】腹に落ちる、とはこういうことか…島崎七生人 画像
試乗記

【スズキ ジムニー 新型試乗】腹に落ちる、とはこういうことか…島崎七生人

腹に落ちる……とはこういうことか。誰もが心の中に持ち続けていた初代や2代目のイメージを、(最新技術こそ織り込まれつつも)余分な解釈は加えずピュアに再現されたところが、新型『ジムニー』の心を打つ理由だと思う。

エリーパワー、ヨシムラスズキMOTULのマシンに始動用リチウムイオン電池を供給 鈴鹿8耐 画像
モータースポーツ/エンタメ

エリーパワー、ヨシムラスズキMOTULのマシンに始動用リチウムイオン電池を供給 鈴鹿8耐

エリーパワーは、2018年FIM世界耐久選手権“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦する「ヨシムラスズキMOTULレーシング」のレースマシン、スズキ「GSX-R1000R」に、始動用リチウムイオンバッテリーを提供すると発表した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 207