マツダに関するニュースまとめ一覧(10 ページ目)

関連インデックス
マツダ2 マツダ3 マツダ6 マツダ AZ-1 マツダ CX-3 マツダ CX-4 マツダ CX-5 マツダ CX-7 マツダ CX-8 マツダ CX-9 マツダ CX-30 マツダ MPV マツダ MX-30 マツダ RX-7 マツダ RX-8 マツダ アクセラ マツダ アテンザ マツダ カペラ マツダ キャロル マツダ コスモ マツダ デミオ マツダ トリビュート マツダ ビアンテ マツダ ファミリア マツダ フレア マツダ フレアクロスオーバー マツダ フレアワゴン マツダ プレマシー マツダ ベリーサ マツダ ボンゴ マツダ ランティス マツダ ロードスター マツダ コンセプトカー マツダ MX-5カップ マツダ SKYACTIV マツダ ロータリー40周年 マツダスピード フォードモーター (グループ、Ford Motor) マツダレンタカー スズキ トヨタ自動車
【マツダ MX-30】心地よくハーモニーのある走りを目指して…開発者[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ MX-30】心地よくハーモニーのある走りを目指して…開発者[インタビュー]

マツダ『MX-30』の商品主査であるマツダ商品本部主査の竹内都美子さんは、実験部でテストドライバーを務め、愛車は初代『ロードスター』というエンスージアストでもある。そういう人がどのようなこだわりでMX-30を開発してきたのかを伺ってみた。

マツダ MX-5ミアータ に2021年型、全車2.0リットル…12月中に米国発売 画像
自動車 ニューモデル

マツダ MX-5ミアータ に2021年型、全車2.0リットル…12月中に米国発売

◆北米仕様は2.0リットルのみで最大出力181hp ◆全グレードに「i-ACTIVSENSE」が標準 ◆6速MTに「ブレンボ/BBSレカロパッケージ」 ◆グレークロスのソフトトップとホワイトナッパレザー内装

【マツダ MX-30】心理学を通じて元気で心地よい状態に…開発者[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ MX-30】心理学を通じて元気で心地よい状態に…開発者[インタビュー]

近年マツダは車両開発にあたり、心理学者を採用し人間の感情を利用したクルマ作りをしているという。そこでマツダ『MX-30』をもとに、その担当者に話を聞いてみた。

【マツダ MX-30 新型試乗】300kmを走ってわかった『MX-30』の実力…中村孝仁 画像
試乗記

【マツダ MX-30 新型試乗】300kmを走ってわかった『MX-30』の実力…中村孝仁

◆300kmを走ってわかった『MX-30』の実力 ◆WLTCモード燃費は15.6km/リットルだが ◆気になる3つのポイント

マツダ ロードスター、ホワイトインテリアを新設定…「RS」ベースの期間限定モデルも発売 画像
自動車 ニューモデル

マツダ ロードスター、ホワイトインテリアを新設定…「RS」ベースの期間限定モデルも発売

マツダは、ライトウェイトオープンスポーツカー『ロードスター』(ソフトトップモデル)および『ロードスターRF』(リトラクタブルハードトップモデル)を一部改良し、12月10日より販売を開始した。

マツダ、SKYACTIV-Xの燃焼技術が日本燃焼学会「技術賞」を受賞 画像
自動車 ビジネス

マツダ、SKYACTIV-Xの燃焼技術が日本燃焼学会「技術賞」を受賞

マツダは、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」の火花点火制御圧縮着火燃焼の開発が、2020年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞したと発表した。

見て・触って・乗って、印象が一貫している MX-30…千葉匠【日本カーオブザイヤー2020-2021】 画像
自動車 ビジネス

見て・触って・乗って、印象が一貫している MX-30…千葉匠【日本カーオブザイヤー2020-2021】

エクステリアを見て、スポーティなクーペルックだが肩ひじ張ったところがない。インテリアに触れて、コルクやリサイクル素材、人工皮革、などの素材感が温かい。乗ってみれば、滑らかな加速感やカドの取れた乗り心地など、人当たりが優しい乗り味。

【日本カーオブザイヤー2020-2021】今年の一台は『スバル レヴォーグ』に栄冠、インプレッサ以来4年ぶり 画像
自動車 ビジネス

【日本カーオブザイヤー2020-2021】今年の一台は『スバル レヴォーグ』に栄冠、インプレッサ以来4年ぶり

日本を代表する「今年のクルマ」を決める「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」は7日、オンラインで最終選考会を実施。ノミネートされていた10ベストカーの中から、スバル『レヴォーグ』が栄冠に輝いた。

マツダ アクセラ ハイブリッド、プログラム不具合で走行不能となるおそれ リコール 画像
自動車 テクノロジー

マツダ アクセラ ハイブリッド、プログラム不具合で走行不能となるおそれ リコール

マツダは12月3日、『アクセラ』のハイブリッドシステムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2014年10月29日から2019年2月9日に製造された5000台。

“スポーツ”への思い込め、車種横断で統一コンセプト…マツダ ブラックトーンエディション 画像
自動車 ニューモデル

“スポーツ”への思い込め、車種横断で統一コンセプト…マツダ ブラックトーンエディション

マツダ『CX-8』『CX-5』が商品改良を受けた12月3日、特別仕様車として『ブラックトーンエディション』というモデルも発表された。特別仕様はこの2車種以外に『マツダ2』『マツダ6』にも設定されている。

【マツダ CX-8 改良新型】内外装の質感と機能性にこだわった「エクスクルーシブモード」…同社初のハンズフリーパワーゲートも採用 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ CX-8 改良新型】内外装の質感と機能性にこだわった「エクスクルーシブモード」…同社初のハンズフリーパワーゲートも採用

12月3日に商品改良が発表された『CX-8』には「エクスクルーシブモード」というプレミアムモデルが設定された。

マツダ CX-5・CX-8 改良新型「車の開発にゴールはない」…ソフトウェアによる継続的な改善 画像
自動車 ニューモデル

マツダ CX-5・CX-8 改良新型「車の開発にゴールはない」…ソフトウェアによる継続的な改善

12月3日、マツダは『CX-5』『CX-8』の商品改良を発表した。CASE対応強化やECUのアップデートに加え、CX-8では内外装の質感アップやグリルなどのデザイン変更が行われた。

マツダ CX-30 、250馬力「2.5ターボ」は2万9900ドルから…年内米国発売 画像
自動車 ニューモデル

マツダ CX-30 、250馬力「2.5ターボ」は2万9900ドルから…年内米国発売

◆最大トルク44.2kgmの「SKYACYIV-G 2.5T」 ◆4WDシステム「i-ACTIV AWD」と組み合わせ ◆「マツダコネクト」は8.8インチ大型センターディスプレイ ◆G-ベクタリング コントロール プラスと「i-ACTIVSENSE」

マツダ6、100周年特別記念車に2.5リットルガソリンターボ車を設定 画像
自動車 ニューモデル

マツダ6、100周年特別記念車に2.5リットルガソリンターボ車を設定

マツダは、最上級セダン/ワゴン『マツダ6』を一部改良し、12月3日より販売を開始する。

マツダ、特別仕様「ブラックトーン」シリーズ発売…見た人を奮い立たせる 画像
自動車 ニューモデル

マツダ、特別仕様「ブラックトーン」シリーズ発売…見た人を奮い立たせる

マツダは、『マツダ2』『マツダ6』『CX-5』『CX-8』に特別仕様車「ブラックトーンエディション」を追加し、12月3日より販売を開始する。

    先頭 << 前 < 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 …20 …30 ・・・> 次 >> 末尾
Page 10 of 488