GRヤリス は価格396万円で予約開始、ワールドプレミアのサプライズはあの人…東京オートサロン2020

トヨタGRヤリス・ワールドプレミア(東京オートサロン2020)
  • トヨタGRヤリス・ワールドプレミア(東京オートサロン2020)
  • 友山茂樹氏(東京オートサロン2020)
  • スープラもいいが、トヨタの手で作ったスポーツカーがほしかった(東京オートサロン2020)
  • モリゾーのサプライズはここでも(東京オートサロン2020)
  • トヨタGRヤリス
  • トヨタGRヤリス
  • トヨタGRヤリス
  • トヨタGRヤリス

東京オートサロン2020で、待望のトヨタ『GRヤリス』、またの名を「GR-4」がワールドプレミアムとなった。TOYOTA GAZOO Racing 友山茂樹氏が「市販車を改造するのではなく、レースで勝つために作った市販車」と紹介した。

発表されたスペックは、「G16E-GTS」1.6リッター ターボエンジン、6速マニュアルトランスミッション(当然)、フルタイム4WD。272馬力、37.7kgmf。リアサスはダブルウィッシュボーン。トレッドは『86』よりも広くなるという。フロントフードやドアパネルにはアルミ素材を採用し、ルーフはカーボンとなる。重量バランスのためバッテリーはリアに積まれる。「レースのために作った」を体現する仕様となっている。

紹介された「GRヤリス 1st Edition」は夏頃発売を予定しているが、モリゾーこと豊田社長の最終OKがでていない(友山氏)とのことで、夏までにさらなる調整、チューニングを行う。

また、1st Editionについては、1月10日より国内で先行予約を開始することも発表された。このエディションにはラジエータグリルやリアスポイラー、リアバンパーにマッドブラックの特別色の設定がある記念モデルになるという。予約者には先行試乗会などの特典も用意されている。

価格はRZ High Performanceが456万円、RZが396万円(ともに税抜)。

発表の最後には、米西海岸のCES会場から直行したと思われる豊田社長がサプライズで現れ、友山氏や会場を驚かせた。豊田社長は「オートサロンには野郎2人ではなく華が必要」とトヨタタイランドの綺麗所をつれての派手な登場となった。

GRヤリス はWRCで勝つために生まれた…東京オートサロン2020[詳細画像]

《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース