“スタンス”を極めたカスタムカーが1000台集まる! ホットウィール レジェンドツアーも同時開催【SNJお台場】

スタンスネイション・ジャパン東京2022
  • スタンスネイション・ジャパン東京2022
  • スタンスネイション・ジャパン東京2022
  • スタンスネイション・ジャパン東京2022
  • スタンスネイション・ジャパン東京2022
  • スタンスネイション・ジャパン東京2022
  • スタンスネイション・ジャパン東京2022
  • スタンスネイション・ジャパン東京2022
  • スタンスネイション・ジャパン東京2022

スタンス系というカスタムをご存知だろうか。車高を思い切り下げ、タイヤとホイールをフェンダーとツライチにセットするなど、その名の通りスタンスつまり足元の構えをバッチリ決めるスタイルだ。

スタンスネイション・ジャパン東京2022スタンスネイション・ジャパン東京2022

このスタイル系の最大の祭典とも言えるイベントが、SNJことスタンスネイション・ジャパン東京2022(SNJお台場)である。10月16日に東京で開催されたSNJは、お台場エリアで4年ぶりの開催とあって大盛況。開場の数時間前、会場へ近づくにつれ地面スレスレまでローダウンし、ハッキリとハの字を描くほどネガティブキャンバーをつけた鬼キャン車両との遭遇率が増加。来場者用駐車場は入口までカスタムカーが長蛇の列を成し、まるでここがイベントの現場ではないかと思えるほどだ。

◆日本一のシャコタンメイクを極めるべく、全国から1000台のカスタムカーが大集合

しかし、会場にはそこまでの道のりでカスタムカーに慣れはじめていた目を圧倒する光景が広がっていた。広大な特設会場には、自走してきた車両が多いとは思えないほどスタンスが決まり、エクステリアに華やかなペイントと豪快なモディファイを施した車両が、ところ狭しと並んでいたのだ。

スタンスネイション・ジャパン東京2022スタンスネイション・ジャパン東京2022

それもそのはず。展示されるのは、事前エントリーした中でも審査をクリアした選りすぐりのカスタムカーが揃っているからだ。展示スペースは約1,000台分用意され、おおまかに見て回るだけでも1時間ほどを要した。ナンバープレートを観察すると、開催地である東京の近郊だけではなく、日本全国からこの地を訪れていることがわかる。国内トップレベルのスタンス系カスタムカーが、ここには集結していたのである。

スタンスネイション・ジャパン東京2022スタンスネイション・ジャパン東京2022

これだけの台数が揃うと、車種のバリエーションも比較的新しいスポーツカーやセダンを中心に、コンパクトカーやヴィンテージモデル、海外のスーパースポーツまでじつに豊富。初代マツダ・キャロルがいるかと思えば、その向こうにはフェラーリの姿が見える、といった具合で、そのどれもがスキのないカスタマイズを施されているのだから、1台1台じっくり見ていたら日が暮れてしまいそう。

日産 フェアレディZ 新型(326POWER) / SNJお台場日産 フェアレディZ 新型(326POWER) / SNJお台場

さらに、ショップやパーツメーカーのブースにも、魅力的なデモカーが並ぶ。最新の日産フェアレディZをいち早くカスタムしたもの、顔をハコスカそっくりに替えてしまうキットを装着したサニートラック、フェラーリ/マクラーレン/アストンマーティンの揃い踏みなど、こちらも見逃せない展示を行っている。その上、車両以外にもステージではアーティストのパフォーマンスも繰り広げられ、ますます目移りしてしまった。

◆ホットウィール レジェンドツアーが同時開催! 愛車がホットウィールになるワクワク感

そんなブースの中で、ひときわ来場者の注目を集めていたのがミニカーブランドのホットウィールだ。先行販売アイテムなどが手に入る限定ショップや、非売品のグッズやミニカーが当たるくじ引きなどに長蛇の列ができていたが、一番の注目はホットウィール・レジェンドツアージャパンと銘打ったカスタムカーのコンテストだ。

スタンスネイション・ジャパン東京2022スタンスネイション・ジャパン東京2022

2018年にアメリカではじまったレジェンドツアーは、対象に選ばれたカスタムカーをホットウィールで商品化するという、じつに夢のある大会。今年は世界15か国で開催され、日本大会は第2回となる。会場には書類選考を通過した8台の候補が展示され、来場者と審査員の投票、また事前に行われた子どもによる投票の結果を集計し、グランプリに選ばれた1台がアメリカで行われるセミファイナルに出場する流れとなっている。

ホットウィール レジェンドツアージャパンホットウィール レジェンドツアージャパン

このレジェンドツアージャパンの詳報は改めてお伝えするが、審査員を務めた各界の自動車好きによるトークセッションや、各車のオーナーによるプレゼンテーションの時間には、ブースは黒山の人だかり。1票を投じたクルマがホットウィールになるかもしれないとあって、来場者も熱気に満ちていた。

スタンスネイション・ジャパン東京2022スタンスネイション・ジャパン東京2022

秋空の下、降り注ぐ季節外れの強い日差しにも負けないほど熱い盛り上がりの中で幕は降りても、搬出車両の出待ちが絶えず、カスタムカー好きのエネルギーをひしひしと感じたスタンスネイション・ジャパン東京2022。カスタマイズにわずかなりとも興味があれば、時間を忘れて楽しめること請け合いのイベントだった。

《関耕一郎》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集