2017年8月のマツダに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
マツダ2 マツダ3 マツダ6 マツダ AZ-1 マツダ CX-3 マツダ CX-4 マツダ CX-5 マツダ CX-7 マツダ CX-8 マツダ CX-9 マツダ CX-30 マツダ MPV マツダ MX-30 マツダ RX-7 マツダ RX-8 マツダ アクセラ マツダ アテンザ マツダ カペラ マツダ キャロル マツダ コスモ マツダ デミオ マツダ トリビュート マツダ ビアンテ マツダ ファミリア マツダ フレア マツダ フレアクロスオーバー マツダ フレアワゴン マツダ プレマシー マツダ ベリーサ マツダ ボンゴ マツダ ランティス マツダ ロードスター マツダ コンセプトカー マツダ MX-5カップ マツダ SKYACTIV マツダ ロータリー40周年 マツダスピード フォードモーター (グループ、Ford Motor) マツダレンタカー スズキ トヨタ自動車
マツダの世界生産、0.2%増の13万2920台で6か月連続プラス 7月 画像
自動車 ビジネス

マツダの世界生産、0.2%増の13万2920台で6か月連続プラス 7月

マツダは8月30日、7月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同月比0.2%増の13万2920台で、6か月連続のプラスとなった。

マツダ CX-3、米国で2018年型発表…コネクトと先進運転支援が進化 画像
自動車 ニューモデル

マツダ CX-3、米国で2018年型発表…コネクトと先進運転支援が進化

マツダの米国法人、北米マツダは8月28日、『CX-3』の2018年モデルを発表した。

マツダ、北米新本社ビルが完成…内装に「走る歓び」表現 画像
自動車 ビジネス

マツダ、北米新本社ビルが完成…内装に「走る歓び」表現

マツダの米国法人、北米マツダは8月25日、北米の新本社ビルが完成した、と発表した。

【MX-5カップジャパン】カップカー試乗会、富士スピードウェイで開催 9月25日 画像
モータースポーツ/エンタメ

【MX-5カップジャパン】カップカー試乗会、富士スピードウェイで開催 9月25日

世界同一仕様車による本格的なワンメイクレース「グローバルMX-5カップジャパン」で使用している、MX-5カップカーの体験試乗会がシリーズ最終戦の翌日、9月25日に富士スピードウェイで開催される。

マツダ アクセラ、先進安全技術を全機種標準装備…360°ビューモニターも初採用 画像
自動車 ニューモデル

マツダ アクセラ、先進安全技術を全機種標準装備…360°ビューモニターも初採用

マツダは、スポーツコンパクト『アクセラ』を商品改良、先進安全技術を全機種で標準装備し、9月21日より販売を開始する。

マツダが整備士養成学の教職員向けセミナーを開催する理由【インタビュー】 画像
自動車 ビジネス

マツダが整備士養成学の教職員向けセミナーを開催する理由【インタビュー】

マツダは整備士養成学校の教職員を対象にした「SKYACTIV技術セミナー」を毎年8月に開催している。セミナーを担当するマツダ国内営業本部の引野真佐志主幹は「マツダ販売会社の採用活動を支援する一環で、マツダを知ってもらうことが目的」と語る。

マツダ「船積み見学会」、テクニックに感心---応募者は過去最多 画像
自動車 ビジネス

マツダ「船積み見学会」、テクニックに感心---応募者は過去最多

マツダは社会貢献活動の一環で毎年開催している車両運搬船の「船積み見学会」を10日、宇品工場(広島市)にある岸壁で実施した。

マツダ、2020年から自動運転の実証実験…2025年までに標準装備へ 画像
自動車 テクノロジー

マツダ、2020年から自動運転の実証実験…2025年までに標準装備へ

マツダは8月8日、人間中心の自動運転コンセプト「マツダ・コ・パイロット・コンセプト」に基づいて開発を進めている自動運転技術の実証実験を2020年に開始し、2025年までに標準装備化を目指すと発表した。

マツダ藤原専務「人馬一体の走りをフルサポートするエンジン」…SKYACTIV-X 画像
自動車 ニューモデル

マツダ藤原専務「人馬一体の走りをフルサポートするエンジン」…SKYACTIV-X

マツダは8月8日、ガソリンと空気の混合気をピストンの圧力によって自己着火させる燃焼技術を世界で初めて実用化したエンジン『SKYACTIV-X』を2019年から搭載を開始することを明らかにした。

マツダ 小飼社長「世界初の革命エンジン」…予混合圧縮着火のSKYACTIV-Xを19年に商品化 画像
自動車 ビジネス

マツダ 小飼社長「世界初の革命エンジン」…予混合圧縮着火のSKYACTIV-Xを19年に商品化

マツダの小飼雅道社長は8月8日、都内で記者会見し、技術開発の新たな長期ビジョンを発表した。このなかで、「HCCI」(予混合圧縮着火)と呼ぶ燃焼方式によって燃費性能を大幅に向上させるガソリンエンジンを、2019年に実用化する方針を示した。

マツダ、次世代エンジン「SKYACTIV-X」を2019年から導入…圧縮着火を世界初の実用化 画像
自動車 ビジネス

マツダ、次世代エンジン「SKYACTIV-X」を2019年から導入…圧縮着火を世界初の実用化

マツダは、ガソリン混合気をピストンの圧縮によって自己着火させる「圧縮着火」を世界で初めて実用化。次世代エンジン「SKYACTIV-X」を2019年から導入すると発表した。

ハイビームが夜間事故を防ぐ…マツダ「アダプティブLEDヘッドライト」の実力を試した 画像
自動車 テクノロジー

ハイビームが夜間事故を防ぐ…マツダ「アダプティブLEDヘッドライト」の実力を試した

安全装備のパッケージ化、標準装備化を進めるマツダ。なかでもこのところ、とくに意欲的に感じられるのが、アクティブハイビーム(またはアダプティブハイビーム)の標準装備化だ。

【池原照雄の単眼複眼】マツダに「安心と安定」もたらす2年がかりの合意…トヨタと実り多き協業 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】マツダに「安心と安定」もたらす2年がかりの合意…トヨタと実り多き協業

トヨタ自動車とマツダが資本業務提携で合意し、「持続性をもった協力関係」(豊田章男トヨタ社長)をスタートさせた。2015年5月の提携基本合意から2年余りをかけるという慎重な交渉を経て、世界の自動車産業の激変期をともに生き抜く包括的な内容に漕ぎつけた。

マツダ 小飼社長「DNAを持った商品を作り続けるには資本提携が必要だった」 画像
自動車 ビジネス

マツダ 小飼社長「DNAを持った商品を作り続けるには資本提携が必要だった」

トヨタ自動車とマツダは8月4日、東京・日本橋蛎殻町のロイヤルパークホテルで互いに約500億円を出資し、資本提携すると発表した。両社は共同で米国に新工場を建設するほか、電気自動車も共同で開発することも明らかにした。

マツダのレストア工場、テュフのクラシックカーガレージ認証第一号に 画像
自動車 ビジネス

マツダのレストア工場、テュフのクラシックカーガレージ認証第一号に

テュフラインランドジャパンは8月4日、マツダのレストアサービス準備開始に伴い、日本でクラシックカーガレージ認証を開始すると発表した。

    1 2 > 次
Page 1 of 2