【まとめ】数々のドラマを呼んだ真夏の8時間…鈴鹿8時間耐久ロードレース 2015

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2015鈴鹿8耐
  • 2015鈴鹿8耐
  • 鈴鹿サーキットでデモランを披露するキアヌ・リーブス氏
  • 2015鈴鹿8耐
  • 2015鈴鹿8耐 レースクイーン達
  • 2015鈴鹿8耐
  • エヴァRT初号機TRICKSTAR
  • 鈴鹿サーキットをバイクで走るキアヌ・リーブス
  • No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
世界でも類を見ない過酷な二輪耐久レース「コカ・コーラ ゼロ 鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)」。

2015年の鈴鹿8耐はMuSASHi RT HARC-PRO.の3連覇を賭けた戦いや、MotoGP元世界チャンピオン、ケーシー・ストーナー選手の参戦、そしてサプライズゲストで現れたキアヌ・リーブスなど、話題に事欠かない状況で始まった。

今年の鈴鹿8耐は、7月23日~26日までの4日間にわたって行われた。昨年の大雨とは打って変わり、猛暑の中での8時間は波乱の連続。クラッシュが続出し、セーフティーカー導入回数は前回を超え、最も注目されていたストーナー選手も転倒。そしてMuSASHi RT HARC-PRO.の連覇を止め、1位に輝いたのは…。

大会の様子は一部車載カメラでの撮影に成功。動画も公開中。


◆鈴鹿8耐、オンボード映像を一挙公開!

ソニー アクションカム×鈴鹿8耐 特集


◆ハリウッドスター、キアヌ・リーブス登場

あのハリウッドスターがサプライズ登場!

キアヌ・リーブス、鈴鹿を駆ける「サーキット走れて幸せ」

キアヌ・リーブスが灼熱のサーキットで「バイク愛」語る

キアヌ・リーブス、来年も鈴鹿へ!?「次は2分45秒で走る」

キアヌ・プロデュースのレアバイクは約830万円…日本導入は?

くまモン、8耐でキアヌ・リーブスと対面…Twitterで大興奮

レース以外も堪能…モータースポーツ愛あふれるキアヌ・リーブス


◆「鈴鹿8耐」という名のお祭り

レースだけじゃない! 「レーシングシアター」には歴代優勝マシン展示

家族連れも大満足、子ども向けアトラクション豊富に

イベントステージにケーシー・ストーナー選手登場

空中で華麗な技を披露…トライアル選手がパフォーマンス

くまモン、鈴鹿に現る!見事なバイクパフォーマンスを披露

ヤマハブースに噂のニューモデル『MT-03』が登場!

4耐決勝、TTS Racing速心 YSSサンタバイク NCCが独走

ホンダ RC213V-S あらわる…ストーナー「MotoGPバイクそっくりの性能」

「バイク芸人」チュートリアル福田&レイザーラモンRG、前日からヒートアップ

グルメも楽しまなきゃ、もったいない!…選手のご当地メニューが大人気

観客動員数12万人、2014年を大幅に超える


◆ちょっとオトナ向け(?)コンテンツも

これぞ“オトナの8耐”…ナイトピットウォークにRQが水着で登場

暑さも吹っ飛ぶ!! サーキットの女神たち

綾波、アスカが「非常事態」!? エヴァレーシングRQにファン歓喜

真夏の祭典に100名超のレースクイーンが登場


◆以外と知らないレギュレーションシリーズ

意外と知らないレギュレーション…じつは中古タイヤを使うタイミングがある

意外と知らないレギュレーション…夜間走行ではゼッケンも光らせる


◆公式予選…14チームが予選落ちとなる今大会、どのチームも予選から本気モード

公式予選、TeamGREEN 渡辺とヨシムラ 津田が各組トップ…ストーナーもトップ10トライアル進出

「気持ち良く乗れてはいないが…」…MuSASHi RT HARC-PRO. 高橋巧

「もちろんポールポジションを狙うよ」…YAMAHA FACTORY RACING TEAM 中須賀克行

「今年こそ優勝、チャンスはある」…ヨシムラスズキシェルアドバンス 津田拓也

「予選トップタイムはチーム力で出したもの」…Team GREEN 渡辺一樹

「明日は我々の走りを楽しんでもらいたい」…TEAM KAGAYAMA 加賀山就臣


◆トップ10トライアル…トップチームが本気を見せつける

さすがMotoGPライダー!エスパルガロ、本領発揮でヤマハがポール獲得

Team GREEN「決勝レースで優勝、照準はここに合わせている」

MuSASHi RT HARC-PRO.「タイムには満足だが、大切なのは明日の決勝」

YAMAHA FACTORY RACING TEAM「ここでベストタイムが出せたことは本当にうれしい」



◆決勝スタート…8時間の戦いが始まる

まもなく開幕…MuSASHi RT HARC PRO、3連覇を誓いトロフィー返還

決勝スタート、ヨシムラがトップ浮上…ヤマハが出遅れる

1時間経過…中須賀克行が渾身の追い上げで上位へ、そして早くも大波乱

ケーシー・ストーナー、まさかのクラッシュ

王者MuSASHi RT HARC PROが脱落…セーフティカー2度投入の波乱に

3時間経過…21番ヤマハが集団から抜け出す、スミスとエスパルガロも好走

転倒したストーナー、怪我の状況をツイッターで報告「チームに申し訳ない」

4時間経過…21番ヤマハがトップ堅持、ヨシムラとTSRは不運に見舞われる

スタート30秒前にグリッドへ…エヴァRT初号機 TRICKSTAR、14番手を力走中

5時間経過…21番ヤマハに痛恨のペナルティ、778番TSR Hondaが逆転

6時間経過…21番ヤマハが再びトップ浮上、778番TSRとの一騎打ちへ

7時間経過…ヤマハ勢19年ぶりの勝利へ、エース中須賀が渾身の走り


◆表彰台…ヤマハ、栄光を掴む

ヤマハファクトリー、必勝体制でつかんだ19年ぶりの勝利

ヤマハ、19年ぶり優勝…設立60周年の節目に

「新体制1年目で優勝できるとは」…1位 YAMAHA FACTORY RACING TEAM

「メンタル面でも厳しいレース。表彰台うれしい」…2位 F.C.C. TSR Honda

ブリヂストン装着チーム、10連覇を達成

「チームメイトのおかげで再び表彰台に」…3位 TEAM KAGAYAMA

エヴァRT初号機TRICKSTAR、トラブル続き満身創痍の11位完走「結果には納得」
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集