新型Zのホットウィールが爆誕! ドリフト界を席巻したHKSシルビアも登場…ホットウィールの6月新製品に大注目

日産 Z プロト(6月4日発売)
  • 日産 Z プロト(6月4日発売)
  • 日産 Z プロト(6月4日発売)
  • 日産 Z プロト(6月4日発売)
  • 日産 Z プロト(6月4日発売)
  • 日産 Z プロト(6月4日発売)
  • ’99 ホンダ シビック タイプR [EK9](6月4日発売)
  • ’99 ホンダ シビック タイプR [EK9](6月4日発売)
  • ’99 ホンダ シビック タイプR [EK9](6月4日発売)

1/64スケールクラスの小さなサイズに込めた、こだわりのディテールと迫力のアレンジ、そして毎月増えるラインナップでファンを魅了し続ける、アメリカ生まれのミニカーブランド「ホットウィール(Hot Wheels)」。6月も魅力的なニューカマーが目白押しで、市販車の発売が待ち望まれているあのスポーツカーや、走り屋垂涎のホットモデルなどもラインナップされる。

車好き大注目の新型Zが登場!プロトタイプのディテールをホットウィール流に再現

日産 Z プロト(6月4日発売)日産 Z プロト(6月4日発売)

まずは基幹ラインナップのベーシックカーで、注目したいのが「日産 Z プロト」だ。新型フェアレディZの登場が国内外で待ち望まれているのはいうまでもないが、今回ホットウィールがモチーフにしたのは、2020年9月に公開されたプロトタイプ。ボディカラーは“イカヅチイエロー”と呼ばれる雷をイメージした鮮烈な黄色が印象的。

Z本来のプロモーションであるロングノーズ・ショートデッキは美しい仕上がりで、実車モデルを活かしながら迫力のあるスタイリングはホットウィールならでは。足元は19インチのレイズ製鍛造ホイールをオマージュした、チタニウムゴールドカラーの仕上げとなっている。

日産 Z プロト(6月4日発売)日産 Z プロト(6月4日発売)

実車のZも、プロトタイプのディティールを色濃く残した限定車「プロトスペック」として2022年の2月に予約が開始。240台の申込枠を得るために、多くのユーザーが抽選に応募してすでに完売。量産モデルは発売延期が発表されたなか、ホットウィールのZは間違いなく6月に手に入れられるので要チェックだ!

この他にも日本車好きには見逃せないモデルが充実しており、過去に登場したモデルの2ndカラーが数多く登場する。

’99 ホンダ シビック タイプR [EK9](6月4日発売)’99 ホンダ シビック タイプR [EK9](6月4日発売)

中でも注目は99年の「ホンダ・シビック・タイプR」、いわゆるEK9は、いまや伝説的なFFホットハッチ。自動車コミックなどでもしばしば取り上げられる人気のクルマだ。イエローのボディに赤いインテリアというシビレるコーディネートで、ライトや車名ロゴはもちろん、タイプRの象徴で通称“赤バッジ”と呼ばれるHエンブレムもリアルに再現されている。もともとのホワイトカラーもよいが、レーシーさが増すイエローは必見の1台。

さらに、2月発売で大きな注目を集めた、軽トラの「マイティ K(ピンク)」、背高のっぽディフォルメがキュートな「トューンド フォルクスワーゲン ゴルフ MK1(レッド)」、ホンダのコンパクトハッチの名車「'85 ホンダ シティ ターボ II(ブルー)」、ロータリー搭載の唯一無二のピックアップトラック「マツダ・レプ(グリーン)」としてそれぞれ登場する。

カー・デ・アサダ(6月4日発売)カー・デ・アサダ(6月4日発売)

変わり種といえばホットウィール独創の食べ物シリーズ、ファスト・フーディーから「カー・デ・アサダ」。ネーミングもデザインも、ベースになっているのは牛肉のグリルを乗せたカルネ・アサダ・タコス。ビーフのようなブラウンのエンジンとアボカドのようなグリーンのヘルメット、薬味に欠かせないライムの色のサイドマフラーなど、ぜひとも手に取って、想像をふくらませてほしい。ベーシックカーシリーズの価格は、すべて385円(税込)

伝説のD1マシン「HKSハイパーシルビア」が令和にホットウィールで蘇る!

エアロリフト / 日産 シルビア[S15](6月発売予定)エアロリフト / 日産 シルビア[S15](6月発売予定)

レースカーとトランスポーターをセットにした、チームトランスポートアソートは3モデルが登場する。必見なのは「日産シルビア」で、HKSのD1マシンであるHKS ハイパーシルビア RS-2 [S15]を、前後色違いのホイールまで再現した力作。谷口信輝選手の華麗なドリフトが目に浮かぶ、というファンも少なくないだろう。トランスポーターはホットウィール定番の「エアロリフト」だが、マシンに合わせた鮮やかなボディカラーに、HKSやニスモ、アドバンのロゴが組み合わされる。

HKS ハイパーシルビア RS-2(6月発売予定)HKS ハイパーシルビア RS-2(6月発売予定)

このほか、あのAMGの名を世界的なものにした「メルセデス・ベンツ300 SEL 6.8 AMG」「フリート・フライヤー」に、ストックカーレース仕様の65年式「フォード・ギャラクシー」「フォードC-800」に、それぞれ積まれたセットが同時発売される。価格は2,420円(税込)。

超リアルなディテール! ブールバードアソートから鉄板のダットサン(サニトラ)が登場

'75 BRE ダットサン サニートラック [B120](6月発売予定)'75 BRE ダットサン サニートラック [B120](6月発売予定)

“目抜き通りを走りたくなるようなクルマ”をイメージした、カリスマチックな車種をリリースするのが「ブールバードアソート」。サニトラの愛称でおなじみ、サニートラックのカスタムカー「BRE ダットサン・サニートラック」は、オールドファンには泣かせるカラーリングだ。赤と白の2トーンに赤と青のストライプは、伝説的レースカーデザイナーのピート・ブロックが立ち上げ、70年代に日産車でアメリカのレースを席巻したレースチーム“BRE”のマシンに用いられたもの。アメリカのダットサンを強く感じさせるルックスに仕上がっている。

ランドローバー ディフェンダー 90(6月発売予定)ランドローバー ディフェンダー 90(6月発売予定)

「ランドローバー・ディフェンダー90」は、モデルチェンジしたのちも根強い人気を誇る、先代のショートボディを再現。ゲレンデワーゲンことメルセデス・ベンツGクラスと人気を二分するクロカン四駆の定番モデルを、英国車らしい赤と白でまとめた、ゴツかわいいモデルだ。

'67 オースチン ミニピックアップ(6月発売予定)'67 オースチン ミニピックアップ(6月発売予定)

英国からはもう1台、67年式の「オースチン・ミニピックアップ」も加わった。ブリティッシュグリーンにホワイトのストライプとルーフ、MK1グリルというオールドミニらしい取り合わせながら、個性的なピックアップボディとしたひと味違うチョイスとなっている。

このほか、“ワゴンのボルボ”の原点ともいうべき「ボルボ P220 アマゾン ワゴン」と、アラブ生まれのスーパーカー、「ライカン・ハイパースポーツ」がラインナップ。ブールバードシリーズの価格はすべて825円(税込)

リアル系からポップアート系まで、多彩な品揃えは今後もますます拡大。お気に入りの1台をいち早くみつけたいなら、ホットウィールの公式ウェブサイトをチェック。最新情報をゲットしよう!

販売台数世界No.1のミニカー!『ホットウィール』の最新情報はこちら
《関耕一郎》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集