日産、セレナ e-POWER 車いす仕様など福祉車両5台を出展予定…バリアフリー2019

日産 セレナ e-POWER チェアキャブ スロープタイプ
  • 日産 セレナ e-POWER チェアキャブ スロープタイプ
  • 日産 デイズ ルークス 助手席スライドアップシート

日産自動車とオーテックジャパンは、4月18日から20日までインテックス大阪で開催される総合福祉展「バリアフリー2019」にライフケアビークル(福祉車両)5台を出展する。

日産自動車グループでは、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV)と呼称し、個人ユースから施設での利用まで対応する、幅広いラインアップを取り揃えている。

今回のバリアフリー2019では、新電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「セレナ e-POWER チェアキャブスロープタイプ 車いす1名サード仕様」や、福祉施設や病院の送迎用として活躍する「NV350キャラバン チェアキャブ 車いす1+1名仕様」、さらに「セレナ チェアキャブ スロープタイプ 車いす2名仕様」、「デイズ ルークス 助手席スライドアップシート」、「ノート e-POWER 助手席回転シート」の計5台を展示する。

日産は、クルマの「電動化」「知能化」に向けた技術開発を進めている。LVにおいても、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化する先進技術の搭載を推進。今回のバリアフリー2019では、その取り組みをセレナe-POWER チェアキャブスロープタイプなどとともに紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集