【日本カーオブザイヤー2018-19】特別賞がTOYOTA GAZOO Racingとホンダ N-VAN[写真追加]

実行委員会特別賞:TOYOTA GAZOO Racing
  • 実行委員会特別賞:TOYOTA GAZOO Racing
  • 実行委員会特別賞:TOYOTA GAZOO Racing
  • 実行委員会特別賞:TOYOTA GAZOO Racing
  • 友山茂樹氏
  • #8 TOYOTA TS050 HYBRID(総合優勝)
  • ルマンを走る2台のトヨタTS050(#8と#7)。
  • 実行委員会特別賞:ホンダN-VAN
  • 実行委員会特別賞:ホンダN-VAN

「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」は7日、東京都内で最終選考会を実施、実行委員会特別賞が、ルマン24時間耐久レースで1-2フィニッシュしたTOYOTA GAZOO Racingと、ホンダの軽商用車『N-VAN』に贈られた。

トヨタ自動車副社長でGAZOO Racing Company Presidentの友山茂樹氏のコメント

「去年のレース後は『撤退』も考えたが、期待してくれる人がいる限り期待に応えるのがGAZOO Racing。改善の積み重ねが優勝につながった。TS050 HYBRIDには3つのエンジンがある。ひとつはエンジン、さらに電気モーター、そして皆さんの応援だ」

ホンダ技術研究所N-VAN開発責任者の古舘茂氏のコメント

「19年ぶりの開発で頑張った。おかげさまで好評。趣味や遊びでも好評。この受賞が働く車に注目されるきっかけになればいいと思う」

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集