2021年9月のマツダに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
マツダ2 マツダ3 マツダ6 マツダ AZ-1 マツダ CX-3 マツダ CX-4 マツダ CX-5 マツダ CX-7 マツダ CX-8 マツダ CX-9 マツダ CX-30 マツダ MPV マツダ MX-30 マツダ RX-7 マツダ RX-8 マツダ アクセラ マツダ アテンザ マツダ カペラ マツダ キャロル マツダ コスモ マツダ デミオ マツダ トリビュート マツダ ビアンテ マツダ ファミリア マツダ フレア マツダ フレアクロスオーバー マツダ フレアワゴン マツダ プレマシー マツダ ベリーサ マツダ ボンゴ マツダ ランティス マツダ ロードスター マツダ コンセプトカー マツダ MX-5カップ マツダ SKYACTIV マツダ ロータリー40周年 マツダスピード フォードモーター (グループ、Ford Motor) マツダレンタカー スズキ トヨタ自動車
MBD推進センター委員長「道具は同じものを使って、競争はその使い方で」 画像
自動車 ビジネス

MBD推進センター委員長「道具は同じものを使って、競争はその使い方で」

国内自動車メーカーと自動車部品メーカー10社は9月24日、モデルベース開発(MBD)を自動車産業に広げるために「MBD推進センター」を発足させたと発表した。MBDを普及させることで、日本の強みである擦り合わせのデジタル化を図ろうというわけだ。

マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ 画像
自動車 テクノロジー

マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ

マツダは9月24日、『RX-8』と『アテンザ』に燃料漏れのおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2005年2月10日~2012年6月23日に製造された1万2491台。

モデルベース開発で自動車産業の競争力強化…MBD推進センターが発足 画像
自動車 ビジネス

モデルベース開発で自動車産業の競争力強化…MBD推進センターが発足

マツダやデンソーなど国内の自動車および部品メーカー10社は9月24日、デジタル技術によって新規技術や商品の開発効率を大幅に向上させるため、同日「MBD(モデルベース開発)推進センター」を発足させたとオンラインの記者会見で発表した。

MBD推進センター発足、初期段階からの産学連携でモビリティ開発を効率化 画像
自動車 ビジネス

MBD推進センター発足、初期段階からの産学連携でモビリティ開発を効率化

9月24日、国内自動車メーカー5社、部品メーカー5社が運営会員となって、MBD(モデルベース開発)を全国の自動車産業に普及するための組織「MBD推進センター」の発足が発表された。

マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点] 画像
自動車 ニューモデル

マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]

◆「マツダ・インテリジェント・ドライブセレクト(Mi-Drive)」採用 ◆立体的なグリルを得た新デザインのフロントマスク ◆先進運転支援システムの「i-ACTIVSENSE」をアップデート

マツダ スクラムバン/ワゴン、一部改良で安全・利便機能を充実 画像
自動車 ニューモデル

マツダ スクラムバン/ワゴン、一部改良で安全・利便機能を充実

マツダは、広い荷室と使いやすさを追求した軽商用車『スクラムバン』と軽乗用車『スクラムワゴン』を一部改良し、9月16日より販売を開始した。

マツダ CX-5 改良新型、表情一新…米国で先行発表 画像
自動車 ニューモデル

マツダ CX-5 改良新型、表情一新…米国で先行発表

◆フロントグリルやバンパーが新デザインに ◆2.5リットルターボエンジン搭載車はスポーツ志向を鮮明に ◆シートやサスペンションを改良 ◆米国仕様は4WDの「i-Activ AWD」を全車標準化

「サバンナ」登場から50年、初代マツダ「RX-3」はどんなクルマだったか【懐かしのカーカタログ】 画像
モータースポーツ/エンタメ

「サバンナ」登場から50年、初代マツダ「RX-3」はどんなクルマだったか【懐かしのカーカタログ】

マツダ『サバンナ』の登場は昭和46年(1971年)、今からちょうど50年前となる。そこで今回は、1世代で『サバンナRX−7』にバトンを渡したこの初代「RX−3」をカタログで振り返ってみたい。

マツダ、職域接種でワクチン20回分を紛失 画像
自動車 ニューモデル

マツダ、職域接種でワクチン20回分を紛失

マツダは、8月26日に広島本社で実施した新型コロナワクチン職域接種にて、保管していたモデルナ製ワクチンのうち20回分を紛失したと発表した。

マツダ、クリーンディーゼルモデルをパワーアップ…エンジン制御プログラム最新化サービス開始 画像
自動車 ビジネス

マツダ、クリーンディーゼルモデルをパワーアップ…エンジン制御プログラム最新化サービス開始

マツダは、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」を搭載する『マツダ3』『CX-30』初期型を対象に、エンジン制御プログラムの最新化サービス「マツダ スピリット アップグレード D1.1」を9月2日より発売する。

    Page 1 of 1