日産の11車種、国交省の「衝突被害軽減ブレーキの性能認定」を取得

衝突被害軽減ブレーキの性能認定(AEBS)ロゴ
  • 衝突被害軽減ブレーキの性能認定(AEBS)ロゴ
  • 日産リーフe+
  • ノート e-POWER MEDALIST ブラックアロー
  • セレナ ハイウェイスター VセレクションII
  • エクストレイル 20Xi
  • シーマ HYBRID VIP G
  • フーガ HYBRID
  • スカイライン 350GT HYBRID Type SP

日産自動車は4月23日、国土交通省の「衝突被害軽減ブレーキの性能認定制度」において、インテリジェント エマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)を搭載している11車種が認定を取得したと発表した。

衝突被害軽減ブレーキの性能認定制度は、自動車メーカー等の申請に応じ、衝突被害軽減ブレーキが一定の性能を有していることを国が認定する制度として、2018年度より開始。前方静止車両に50km/hで接近した際に衝突しないまたは衝突時の速度が20km/h以下となること、20km/hで同一方向に走行する前方車両に対して50km/hで接近した際に、衝突しないこと、衝突被害軽減ブレーキによる制動制御の少なくとも0.8秒前までに、衝突のおそれがあるとして警報が作動することが条件となる。

今回、日産はインテリジェント エマージェンシーブレーキを搭載している11車種38型式、『エクストレイル』『エルグランド』『シーマ』『ジューク』『スカイライン』『セレナ』『デイズ』『デイズ ルークス』『リーフ』『ノート』『フーガ』を申請し、そのすべてで認定を取得した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 後付け側方衝突警報システム「モービルアイ・シールドプラス」発売、大型車の巻き込み事故防止 画像 後付け側方衝突警報システム「モービルアイ・シールドプラス」発売、大型車の巻き込み事故防止
  • 自転車の左巻き込みを防止…大型車向けに側方衝突警報装置の国際基準が成立、日本が主導 画像 自転車の左巻き込みを防止…大型車向けに側方衝突警報装置の国際基準が成立、日本が主導
  • 多重衝突に対応するエアバッグ、2度目の衝突でも乗員を保護…ヒュンダイが開発 画像 多重衝突に対応するエアバッグ、2度目の衝突でも乗員を保護…ヒュンダイが開発
  • ボッシュ、先進運転支援の普及状況を調査…自動ブレーキと駐車支援の装着率が欧州で上昇 画像 ボッシュ、先進運転支援の普及状況を調査…自動ブレーキと駐車支援の装着率が欧州で上昇

特集

おすすめのニュース