自動運転、高度運転支援(ADAS)に関するニュースまとめ一覧

自動運転の世界は、いまどんなフェーズを駆け上がり、どこへ向かっているかーーー

そのヒントは、国内で自動運転の舵取り役を担う戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の動きを俯瞰するとみえてくる。SIPは、内閣府がリーダーシップをとり、府省庁の枠や旧来の分野を超えたマネジメントにより科学技術イノベーションを実現するために2014年に創設された国家プロジェクト。

2019年7月までSIP自動運転推進委員会構成員を務め、現在は国土交通省車両安全対策委員、経済産業省・国土交通省自動走行ビジネス検討会委員でもある、国際自動車ジャーナリストである清水和夫氏にSIP 第1期から第2期へと向かう自動運転分野のいま、サポカーと自動運転、物流・移動サービスとオーナーカー、安全と安心感、快適性といった、自動運転まわりのトレンドを聞く。

聞き手は、SIP自動運転推進委員会構成員でモータージャーナリストの石井昌道氏。


清水和夫氏

清水:いまニュースは、MaaS(Mobility as a Service シームレスにつなぐ新たな移動)とかトラックの自動縦列走行やロボットタクシーに注目が集まって、オーナーカーの自動運転は高額な高級車だけにある機能にみえて一般ユーザがついてこないという感じですよね。

需要や関心度としては、過疎地や物流の課題を救う手段として物流移動サービスのほうが高い。オーナーカーの自動運転フェーズはいま高速道路のなかにあって、歩行者事故の分野にはまだ至ってない。だからまだ「高速道路を行く高級車の車内でハンドルから手を離してスマホや雑誌をながめる」といったイメージしか浮かばないかもしれない。

でもね、最初は高額な高級車の自動運転技術であっても、その実現がないとレベル4へもステップアップできないし、オーナーカーがレベル3で培った技術は、物流移動サービスにも波及するから、やっぱり物流もオーナーカーも両面から進化していかないと。

石井:なるほど。では、安全と快適性について。これはどう違うのか。

清水:すでにACC(Adaptive Cruise Control)などはドライバーは当たり前のように使う機能に普及した。前のクルマにロックオンして追従していけば楽だし、最も左の走行車線を一定の速度で行くという選択もできる。そういう意味ではACCは自動車メーカーでは快適技術として位置づけられていた。で、ACCの延長線上に自動運転の技術が生まれてくるとは思いますけどね。

石井:安全と快適性のなかに、安心が入ってこないと、クルマとドライバーが共存できませんよね。

清水:これはもう永遠のテーマで、たとえばタイヤのグリップ性能とウェット性能のように、安全基準を満たしていても安心感はないという事象っていっぱいありますよね。ユーザがその製品に共感できるか否かは、やっぱり「安心かどうか」なんですよね。さらに安心なくして快適はないから、ユーザ目線でいうと安心が前提にあって、安心だから快適があって、楽しさもある。だから底辺は安心、その上に順に快適、楽しさがのる。

清水和夫氏

石井:開発現場では「開発すればするほど、壁が立ちはだかる」っていいますね。やはりレベル3はそうかんたんじゃないと。

清水:大事なのは社会やユーザが何を求めて、自動運転を手に入れたらどんな幸せがあるのか。カスタマーベネフィットみたいなところまで考えていかないと。いっぽうで、自動運転車両は高い買い物なので、スバルのアイサイトを10万円でつけるか、100万円の自動運転機能付き車両を買うかもいろいろあると想うし、駆ってくれないと技術は進歩しないし、普及しないとコストは下がらないし、と。負のスパイラルに陥っちゃう。

石井:その先はけっこう難しそうですね。

清水:高級車から自動運転レベル3が入ってきて、こんどはいかに大衆車に自動運転技術を入れ込んでいくかがカギですよね。でも日本はこれまで、軽自動車にエアバッグとプリテンショナーベルトを一気に導入させた実績を持つ国だから、「これがいいんだ!」って確信したら、オールジャパンでダーッてかなりの勢いで普及すると思いますね。

だから軽自動車側からサポカーが進化して、高級車カテゴリから自動運転がすすんでごその技術が大衆車へおりてくる。その出会うポイントがプリウスとかカローラといったCセグメントで、2024年か2025年といわれてますよね。


インタビュー全文はこちら


  • SIP cafe 自動運転ガイド
  • SIP cafe とは

    SIP cafe とは

    『SIP cafe』は直面する次世代モビリティについて考え、自動運転のいま、自動運転がもたらす未来社会について情報を発信していくコミュニティサイトとして2019年10月に開設。一方的な最新情報の発信だけでなく、広く多くの人たちが集まって議論していくための“広場”としての役割を担う。SIP cafeの主宰であり“マスター”の清水和夫氏は、「反対する意見もどんどんぶつけあって、議論していく場所にしたい」と語っている。

    » 詳しくはこちら
自動運転サービス実装をワンストップで提供、A-Driveが営業開始 画像
自動車 テクノロジー

自動運転サービス実装をワンストップで提供、A-Driveが営業開始

アイサンテクノロジーと三菱商事は、自動運転ワンストップサービスを提供する事業のポテンシャルや事業性を検証する合弁会社「A-Drive」を2月7日に設立して営業を開始した。

オンデマンドによるレベル4自動運転サービスに向けて実証実験 画像
プレミアム

オンデマンドによるレベル4自動運転サービスに向けて実証実験

アイサンテクノロジーや損害保険ジャパンなどは、桑名市でオンデマンド運行管制システムを活用した自動運転サービスの実証実験を、3月14、15日に実施する。

ルネサス、新開発のインテリジェントパワーデバイスやゲートドライバICを公開…オートモーティブワールド2023 画像
プレミアム

ルネサス、新開発のインテリジェントパワーデバイスやゲートドライバICを公開…オートモーティブワールド2023

ルネサスエレクトロニクスは新たにシングルチャネルのインテリジェントパワーデバイス(IPD)やゲートドライバICを開発し、オートモーティブワールド2023にて初出展した。

自家用有償のオンデマンド型送迎サービスに自動運転レベル2 愛知県春日井市で 画像
自動車 テクノロジー

自家用有償のオンデマンド型送迎サービスに自動運転レベル2 愛知県春日井市で

NPO法人の石尾台おでかけサービス協議会などは、愛知県春日井市石尾台地区で、自家用有償旅客運送で提供中のオンデマンド型送迎サービスを自動運転レベル2で運行する。

画像認識AIを劇的に高速・省電力化する「エッジAIトータルソリューション」…オートモーティブワールド2023 画像
プレミアム

画像認識AIを劇的に高速・省電力化する「エッジAIトータルソリューション」…オートモーティブワールド2023

自動運転の画像認識を大幅に高速化かつ省電力化するソリューションが、FPGA大手AMD Xilinx(ザイリンクス)のオートモーティブワールド2023内のブースにおいて展示された。

BMWの3車種、Apple「iPhone」で遠隔駐車が可能に…今春から欧州で 画像
自動車 テクノロジー

BMWの3車種、Apple「iPhone」で遠隔駐車が可能に…今春から欧州で

◆最新の「パーキング・アシスト・プロフェッショナル」 ◆iPhoneに「My BMW アプリ」をダウンロード ◆駐車経路自動誘導機能による幅広い操作も可能に

レベル4の自動バレーパーキング、ボッシュが実用化 画像
プレミアム

レベル4の自動バレーパーキング、ボッシュが実用化

ロバート・ボッシュとAPCOAは、シュトゥットガルト空港のP6駐車場で、自動運転レベル4の自動バレーパーキングの商用が承認されたことを受けて、ドイツ国内の15カ所の駐車場に自動バレーパーキングを導入する。

よりリアルなテストが可能になるミリ波レーダーの情景エミュレーター…オートモーティブワールド2023 画像
プレミアム

よりリアルなテストが可能になるミリ波レーダーの情景エミュレーター…オートモーティブワールド2023

オートモーティブワールド2023では、キーサイト・テクノロジーがADAS、自動運転用ミリ波レーダーに任意の状態のターゲットを検知させるエミュレーターを展示していた。

インドのタタ系企業が挑む、日本の自動運転市場の勝算…オートモーティブワールド2023 画像
プレミアム

インドのタタ系企業が挑む、日本の自動運転市場の勝算…オートモーティブワールド2023

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、インドのタタ・コンサルタンシー・サービシズ(66%)と三菱商事(34%)が出資するタタグループ系のシステム開発会社だ。

レベル4自動車運転ダンプの自動搬送実証で有効性を確認…UDと神戸製鋼 画像
プレミアム

レベル4自動車運転ダンプの自動搬送実証で有効性を確認…UDと神戸製鋼

UDトラックスと神戸製鋼所は、神戸製鋼の加古川製鉄所でUDトラックスが開発した自動運転レベル4(限定地域での完全自動運転)技術搭載の大型トラック「クオン」を用いた自動搬送の実証実験の結果を発表した。

東日本大震災伝承活動に自動運転EV、運行ルートを拡大 2月から 画像
自動車 テクノロジー

東日本大震災伝承活動に自動運転EV、運行ルートを拡大 2月から

高田松原津波復興祈念公園 (岩手県陸前高田市)での東日本大震災伝承活動に、自動運転EV(電気自動車)を活用する実証実験が2月から実施される。

東京臨海都心で自動運転EVバスなど、4つの新モビリティ体験 1月28日から 画像
自動車 テクノロジー

東京臨海都心で自動運転EVバスなど、4つの新モビリティ体験 1月28日から

ボードリー、WILLER(ウィラー)は、1月28日~2月6日のうちの8日間、東京お台場のシンボルプロムナード公園内で自動運転体験イベントを実施する。

メルセデスベンツ、レベル3の自動運転を米国に導入した最初の自動車メーカーに 画像
自動車 テクノロジー

メルセデスベンツ、レベル3の自動運転を米国に導入した最初の自動車メーカーに

◆高度な自動運転を可能にする「DRIVE PILOT」 ◆米国では64km/hを上限に公道での自動運転を認可 ◆緊急時には自動的に車両を減速させ停止

自動運転レベル4、構内用EVはロジスティクス4.0も牽引するか…オートモーティブワールド2023 画像
プレミアム

自動運転レベル4、構内用EVはロジスティクス4.0も牽引するか…オートモーティブワールド2023

開催中のオートモーティブワールド2023にて長瀬産業が、工場など構内での運搬用に、自動運転の牽引EV「Tracteasy」を展示している。

自動運転の高精度化と低コスト化を両立させる“コロンブスの卵”的な技術とは…オートモーティブワールド2023 画像
プレミアム

自動運転の高精度化と低コスト化を両立させる“コロンブスの卵”的な技術とは…オートモーティブワールド2023

自動運転の鍵となる走行中の道路や周辺の車や歩行者などの画像認識を、劇的に高速化・低コスト化する技術が開催中のオートモーティブ ワールドにて展示されている。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 250