自動車 テクノロジー 安全ニュース記事一覧

AIでニュルブルクリンクの安全強化---富士通が2025年までに本格導入 画像
モータースポーツ/エンタメ

AIでニュルブルクリンクの安全強化---富士通が2025年までに本格導入

富士通は、ドイツのレース場「ニュルブルクリンク」にある、世界最長で多数のカーブを持つ難度の高い常設レーストラック「ノルドシュライフェ」に、AI技術を活用した安全対策強化に向けたシステムを、2023年1月から本導入すると発表した。

日産、4代目セレナなど52万台をリコール…ECOモータ式アイドリングストップ車で火災事故発生 画像
自動車 テクノロジー

日産、4代目セレナなど52万台をリコール…ECOモータ式アイドリングストップ車で火災事故発生

日産自動車は1月27日、ECOモータ式アイドリングストップを搭載する4代目『セレナ(C26)』など27万台について、火災のおそれがあるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

メルセデスベンツ、レベル3の自動運転を米国に導入した最初の自動車メーカーに 画像
自動車 テクノロジー

メルセデスベンツ、レベル3の自動運転を米国に導入した最初の自動車メーカーに

◆高度な自動運転を可能にする「DRIVE PILOT」 ◆米国では64km/hを上限に公道での自動運転を認可 ◆緊急時には自動的に車両を減速させ停止

パンクしないエアレスタイヤ、ミシュランが実証走行を開始 画像
プレミアム

パンクしないエアレスタイヤ、ミシュランが実証走行を開始

ミシュランは、DHLエクスプレスと提携し、シンガポールで新世代エアレスタイヤ「アプティス・プロトタイプ」を装着したDHL車両の初運行を実施した。

呼吸や鼓動を検知、幼児送迎バス向け置き去り検知システムを開発 三菱重工機械 画像
自動車 テクノロジー

呼吸や鼓動を検知、幼児送迎バス向け置き去り検知システムを開発 三菱重工機械

三菱重工機械システムは、保育園や認定こども園、幼稚園の送迎バス内などにおける園児の置き去り事故を未然に防止するため、人が発する微細な呼吸や鼓動を検知する「送迎バス向け置き去り検知システム」を開発した。

日産 サクラ/三菱 eKクロスEV、安全性能で最高評価「ファイブスター賞」を獲得…JNCAP 画像
自動車 テクノロジー

日産 サクラ/三菱 eKクロスEV、安全性能で最高評価「ファイブスター賞」を獲得…JNCAP

日産自動車は1月24日、自動車アセスメント(JNCAP)で「衝突安全性能」と「予防安全性能」等を統合して評価する総合評価「自動車安全性能2022」にて、軽EV『サクラ』が最高評価「ファイブスター賞」を獲得したと発表した。

運行管理アプリに交通違反検知サービスを追加 ゼンリンデータコム 画像
自動車 テクノロジー

運行管理アプリに交通違反検知サービスを追加 ゼンリンデータコム

ゼンリンデータコムは、テレマティクスサービスと交通安全事業を手掛けるジェネクストの交通違反検知サービス「AI-コンタクト」とシステム連携し、物流事業者の交通事故防止をサポートする。

電動化+自動化に向けてモビリティ技術をステップアップさせるZF…CES 2023 画像
自動車 ビジネス

電動化+自動化に向けてモビリティ技術をステップアップさせるZF…CES 2023

ZFはCES 2023に出展し、レベル4の自動運転が可能な次世代の電動シャトルを初公開。そのほか、新世代の高性能車載コンピュータ「ZF ProAI」や、電動車向けの装備として暖房電力を節約できるシートベルトなども披露した。

ソニー・ホンダモビリティが「AFEELA」でめざす新たなモビリティ像とは? 川西社長に聞いた…CES 2023 画像
自動車 ニューモデル

ソニー・ホンダモビリティが「AFEELA」でめざす新たなモビリティ像とは? 川西社長に聞いた…CES 2023

ソニー・ホンダモビリティはCES 2023で新ブランド「AFEELA(アフィーラ)」を発表し、プロトタイプを公開。アフィーラでめざす新たなモビリティ像について、同社で代表取締役社長兼COOを務める川西泉氏に話を聞いた。

現代モービス、2つのコンセプトカーを初公開し新たな“MOBISビジョン”を発表…CES 2023 画像
自動車 ニューモデル

現代モービス、2つのコンセプトカーを初公開し新たな“MOBISビジョン”を発表…CES 2023

現代モービス(Hyundai Mobis)は、CES 2023 においてソフトウェアを中心とした統合プラットフォーム「NEW MOBISビジョン」を発表。合わせて自動運転のコンセプトカー『M.ビジョンTO』と『M.ビジョンHI』の、2つのコンセプトカーを初公開した。

パナソニック、太陽電池セルのツリーやEVオーディオなど展示し環境技術を紹介…CES2023 画像
自動車 ニューモデル

パナソニック、太陽電池セルのツリーやEVオーディオなど展示し環境技術を紹介…CES2023

パナソニックは、1月5日~8日に米国ネバダ州ラスベガスにて開催されたCES2023に出展。電動モビリティの普及に向け、それを推進するキーデバイスや技術・ソリューションや、グリーン水素製造デバイス・水電解装置を捨スケルトンモデルで紹介した。

シェア電動キックボードを改正道交法に合わせて改良、アプリもアップデート…Luup 画像
自動車 ニューモデル

シェア電動キックボードを改正道交法に合わせて改良、アプリもアップデート…Luup

Luupは、電動キックボードをはじめとする電動小型モビリティの車両区分を新しく定める改正道路交通法の7月1日施行となることを受けて、交通ルール適用に向けた車両やアプリの改善を進めると発表した。

業界のソフトウェアシフトがいよいよ本格化…CES 2023にみるサプライヤーの動向 画像
プレミアム

業界のソフトウェアシフトがいよいよ本格化…CES 2023にみるサプライヤーの動向

◆トレンドはeアクスルからソフトウェアプラットフォームへ◆ドメコン、統合ECU、ビークルOSを想定したプラットフォームシフト◆AI・ハイパフォーマンスコンピューティング+クラウドサービスの融合◆センサー、熱交換、デジタルコックピット、他要素技術

ダイハツ、タフトなど8車種34万台をリコール…電動パーキングブレーキ解除不能のおそれ 画像
自動車 テクノロジー

ダイハツ、タフトなど8車種34万台をリコール…電動パーキングブレーキ解除不能のおそれ

ダイハツは1月19日、『タフト』など8車種34万台について、電動パーキングブレーキが解除できなくなるおそれがあるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

安心安全な自動運転実現へ、東海理化が遠隔監視/操作システム提案…オートモーティブワールド2023 画像
プレミアム

安心安全な自動運転実現へ、東海理化が遠隔監視/操作システム提案…オートモーティブワールド2023

東海理化は、1月25日から27日まで東京ビッグサイトで開催される「第15回オートモーティブワールド」に出展、見やすく分かりやすい自動運転の遠隔監視/操作システムを提案する。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 627