日産 スカイラインに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
日産 スカイライン クロスオーバー 日産自動車 日産 スカイライン 歴代[企画] 日産 VQエンジン 新型 日産 GT-R
【日産 スカイライン 新型試乗】往年のわずか2%、日本で売れない理由は…渡辺陽一郎 画像
試乗記

【日産 スカイライン 新型試乗】往年のわずか2%、日本で売れない理由は…渡辺陽一郎

◆V6 3.5リットル+ハイブリッドの動力性能 ◆ダイレクトアダプティブステアリングの恩恵 ◆中高年齢層のクルマ好きには、懐かしい雰囲気も

「400R」「Z」そして「GT-R」…日産のスペシャリティ・モデルは雪上でもインテリジェントか[後篇] 画像
試乗記

「400R」「Z」そして「GT-R」…日産のスペシャリティ・モデルは雪上でもインテリジェントか[後篇]

前回は日産の「インテリジェント スノー ドライブ」で、いわゆる「ブレッド&バター・カー(毎日のように接する車)」の雪上での印象をレポートした。後篇は日産が誇るスポーツ&スペシャリティ・モデルの『スカイライン』『フェアレディZ』『GT-R』について報告する。

ホットウィール、国産旧車カスタム5モデル発売へ…コスモスポーツやサニトラなど 画像
モータースポーツ/エンタメ

ホットウィール、国産旧車カスタム5モデル発売へ…コスモスポーツやサニトラなど

マテル・インターナショナルは、ダイキャストミニカー「ホットウィール(HW)」のミニカーコレクション「カーカルチャー アソート」より、日本の旧車のみで構成した「カーカルチャー ジャパンヒストリックス3」を3月中旬より発売する。

【懐かしのカーカタログ】406にピアッツァ、S13も…「アートなクーペ」9選 画像
モータースポーツ/エンタメ

【懐かしのカーカタログ】406にピアッツァ、S13も…「アートなクーペ」9選

“走る芸術品”とは、かつていすゞ『117クーペ』の広告にあったコピー。単にクルマとして格好がいい……を超えて、息をのむようなアートを感じさせたクーペたちを今回は思い出してみた。

日産 スカイライン 2.0ターボ車、ガソリンがにじみ出るおそれ リコール 画像
自動車 テクノロジー

日産 スカイライン 2.0ターボ車、ガソリンがにじみ出るおそれ リコール

日産自動車は2月6日、『スカイライン』の燃料ホースに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2014年5月26日~2017年8月10日に製造された2リットルターボエンジン搭載車8814台。

旧車もヤングタイマーも! 東京オートサロン2020で見つけた“旧いクルマの楽しみ方” 画像
自動車 ニューモデル

旧車もヤングタイマーも! 東京オートサロン2020で見つけた“旧いクルマの楽しみ方”

多彩なチューニングカーが集まるオートサロンで、今年はレストアや復刻パーツに注目。専門店がこだわりをもって仕上げた旧車から、部品供給がジワリと活気付くヤングタイマーまで、会場で見つけたスタイルが多様化する“旧いクルマの楽しみ方”をご紹介。

2トーン仕上げで優雅にドレスアップ、日産 スカイライン…東京オートサロン2020[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

2トーン仕上げで優雅にドレスアップ、日産 スカイライン…東京オートサロン2020[詳細画像]

日産自動車は「東京オートサロン2020」に、新型『スカイライン』をよりラグジュアリーにカスタマイズした「SKYLINE DELUXE ADVANCED CONCEPT(スカイライン・デラックス・アドバンスト・コンセプト)」を出展した。

日産 スカイライン の可能性を2つのデザインで提案、メーカーならではのまとまり…東京オートサロン2020 画像
自動車 ニューモデル

日産 スカイライン の可能性を2つのデザインで提案、メーカーならではのまとまり…東京オートサロン2020

日産自動車は東京オートサロン2020で、方向性の異なる『スカイライン』のコンセプトカーを2台展示した。

日産 スカイライン 400Rスプリント・コンセプト、参考価格は562万円…東京オートサロン2020[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

日産 スカイライン 400Rスプリント・コンセプト、参考価格は562万円…東京オートサロン2020[詳細画像]

日産が東京オートサロン2020で初公開した『スカイライン400Rスプリント・コンセプト』は、2019年9月にマイナーチェンジした新型『スカイライン』の高性能グレード「400R」をよりレーシーに仕立てたコンセプトカーだ。

ブリッツ流にカスタマイズされた スープラ や  スカイライン400R など展示予定…東京オートサロン2020 画像
自動車 ニューモデル

ブリッツ流にカスタマイズされた スープラ や スカイライン400R など展示予定…東京オートサロン2020

国産・輸入車向けの総合チューニングパーツメーカーブリッツ(BLITZ)は、2020年1月10日から12日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」に、同社が手掛けたトヨタ『スープラ』や日産『スカイライン400R』などを出展する。

2019年の“イワサダ賞”を勝手に表彰!クルマ・人・技術・制度【岩貞るみこの人道車医】 画像
自動車 ビジネス

2019年の“イワサダ賞”を勝手に表彰!クルマ・人・技術・制度【岩貞るみこの人道車医】

2019年も終わろうとしている。飛ぶように流れる年月のなか、2019年の“イワサダ賞”を選んでみた。

日産、スカイライン400Rスプリントコンセプト など展示予定…東京オートサロン2020 画像
自動車 ニューモデル

日産、スカイライン400Rスプリントコンセプト など展示予定…東京オートサロン2020

日産自動車とオーテックジャパン、ニスモの3社は、2020年1月10日から12日の3日間、幕張メッセで開催される東京オートサロン2020に『スカイライン400Rスプリント・コンセプト』などを出展、日産の新しいカスタマイズの世界を披露する。

R32 GT-R、あの頃の走りよ甦れ… NISMOヘリテージパーツ[インタビュー] 画像
自動車 ビジネス

R32 GT-R、あの頃の走りよ甦れ… NISMOヘリテージパーツ[インタビュー]

丸目2灯のテールランプ。GT-R第二世代に魅了されたクルマ好きは数しれないが、30年の時間が最強の名車を《旧い車》に変えた…。この流れの中で始動した【NISMO ヘリテージパーツ】の全貌や今後について、NISMO碓氷氏と日産小倉氏の貴重な独占インタビューをお届けする。

“ハンズオフ”で快適に帰る。日産の「プロパイロット2.0帰宅試乗」を体験 画像
自動車 テクノロジー

“ハンズオフ”で快適に帰る。日産の「プロパイロット2.0帰宅試乗」を体験

日産自動車は新型『スカイライン』を使い、自宅までハンズオフ(手放し)運転をしながら快適に帰宅できる試乗プログラム「プロパイロット 2.0 帰宅試乗」を11月19~28日の期間限定で実施中。メディア枠でさっそく体験試乗してきた。

日本自動車殿堂2019…イヤーカーはトヨタ カローラ が受賞 画像
自動車 ビジネス

日本自動車殿堂2019…イヤーカーはトヨタ カローラ が受賞

NPO法人日本自動車殿堂は2019~2020殿堂イヤー賞を発表し、表彰式を開催した。日本自動車殿堂カーオブザイヤー(国産乗用車)はトヨタ『カローラ/ツーリング』および開発者が受賞した。

快適に帰る、日産が「プロパイロット2.0帰宅試乗」を都内で実施 11月19-28日 画像
自動車 テクノロジー

快適に帰る、日産が「プロパイロット2.0帰宅試乗」を都内で実施 11月19-28日

日産自動車は、11月19日から28日の期間限定で、新型『スカイライン』の試乗プログラム「プロパイロット 2.0 帰宅試乗」を、東京都心の丸の内・大手町・有楽町エリアで実施する。

トヨタ カローラ/ツーリング、日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞 画像
モータースポーツ/エンタメ

トヨタ カローラ/ツーリング、日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞

日本自動車殿堂は11月8日、2019~2020年のイヤー賞4賞を発表。トヨタ『カローラ/ツーリング』およびその開発グループが「日本自動車殿堂カーオブザイヤー(国産乗用車)」に選ばれた。

【日産 スカイライン 新型試乗】敢えて手を離して運転する意味はないけれど…中村孝仁 画像
試乗記

【日産 スカイライン 新型試乗】敢えて手を離して運転する意味はないけれど…中村孝仁

◆肝はプロパイロット2.0のみ、だけど ◆エンジンは滑らかで静か。足回りは ◆ACCの性能としては「見事!」

【日産 スカイライン 新型】パナソニックのHUDを採用、業界最小クラスの小型化実現 画像
自動車 ニューモデル

【日産 スカイライン 新型】パナソニックのHUDを採用、業界最小クラスの小型化実現

パナソニックは、同社の小型HUD(ヘッドアップディスプレイ)が、日産自動車が9月17日発売した改良新型『スカイライン』に採用されたと発表した。

ダットソンやシルビア、スカイラインの展示も…日産本社ギャラリーに「歴史ゾーン」 画像
自動車 ビジネス

ダットソンやシルビア、スカイラインの展示も…日産本社ギャラリーに「歴史ゾーン」

今年で10周年を迎える日産本社グローバルギャラリー(横浜市西区)に、“ヘリテージ(歴史)”をテーマにした新たな展示エリア「ヘリテージゾーン」がオープンした。

日産「スカイライン・クーペ」が次期型で復活? 日本専用車となる可能性も 画像
自動車 ニューモデル

日産「スカイライン・クーペ」が次期型で復活? 日本専用車となる可能性も

日産を代表するモデル『スカイライン』に2ドアスポーツの『スカイライン・クーペ』が日本で復活、しかも日本専用で開発される可能性があるという情報を、スクープサイト『Spyder7』がつかんだ。

【日産 スカイライン 新型試乗】欲深く、利己的な人には向いていない「プロパイロット2.0」…岩貞るみこ 画像
試乗記

【日産 スカイライン 新型試乗】欲深く、利己的な人には向いていない「プロパイロット2.0」…岩貞るみこ

スカイラインの黄金時代を知るバブル世代としては、このクルマのデザインやサイズ感に1mmも心が動かないことはさておき、「プロパイロット2.0」である。

【懐かしのカーカタログ】日産 スカイライン はいつの時代も“羨望の存在”だった。 画像
モータースポーツ/エンタメ

【懐かしのカーカタログ】日産 スカイライン はいつの時代も“羨望の存在”だった。

1957年、プリンス時代に誕生した初代から60年以上。“プロパイロット2.0”を搭載した現行型で13代目を数える『スカイライン』は、数多い日本車の中でも長く車名が続く貴重な存在である。

【日産 スカイライン 新型試乗】プロパイロット2.0、エンジニアのセンスと熱意に敬意…島崎七生人 画像
試乗記

【日産 スカイライン 新型試乗】プロパイロット2.0、エンジニアのセンスと熱意に敬意…島崎七生人

◆プロパイロット2.0の“腕前”は ◆日産のエンジニアのセンスと熱意には敬意 ◆上級セダンらしいエレガントな走り

【日産 スカイライン 新型試乗】プロパイロット2.0は「使える」のか?見えない部分の進化とは…岡本幸一郎 画像
試乗記

【日産 スカイライン 新型試乗】プロパイロット2.0は「使える」のか?見えない部分の進化とは…岡本幸一郎

日産でもっとも長い歴史を誇るクルマであり、常に新しいものにチャレンジしてきたクルマでもある『スカイライン』が、現行のV37型になり5年半が経過したタイミングで、見た目も中身も多岐にわたる変更が加えられた。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 30