トヨタ ヤリス 新型、ベース車がマツダ デミオに…ニューヨークモーターショー2019[詳細画像]

トヨタ ヤリス新型(ニューヨークモーターショー2019)
  • トヨタ ヤリス新型(ニューヨークモーターショー2019)
  • トヨタ ヤリス新型(ニューヨークモーターショー2019)
  • トヨタ ヤリス新型(ニューヨークモーターショー2019)
  • トヨタ ヤリス新型(ニューヨークモーターショー2019)
  • トヨタ ヤリス新型(ニューヨークモーターショー2019)
  • トヨタ ヤリス新型(ニューヨークモーターショー2019)
  • トヨタ ヤリス新型(ニューヨークモーターショー2019)
  • トヨタ ヤリス新型(ニューヨークモーターショー2019)

ニューヨークモーターショー2019で初公開された新型『ヤリスハッチバック』は、セダンの『ヤリスiA』に続いて、マツダ『デミオ』ベースのOEM車となる。米国向けのヤリスハッチバックはこれまで、日本と同じ『ヴィッツ』だった。

新型ヤリスハッチバックは、マツダ・デミオに対して、フロントマスクを専用デザインとした。六角形の大型バンパーグリルと、シャープなイメージのヘッドランプを採用する。リアは、デミオのデザインをほぼ踏襲した。「LE」と「XLE」グレードを設定し、上級のXLEグレードには、自動LEDヘッドランプ、デイタイムランニングライトが装備されている。

エンジンは、マツダ製の1.5リットル直列4気筒ガソリン。最大出力106hpを発生する。トランスミッションは、スポーツモード付きの6速AT。予想高速燃費は、およそ17km/リットル、としている。

7インチのタッチスクリーンディスプレイオーディオシステム+6スピーカーを標準装備。Appleの「CarPlay」とグーグルの「AndroidAuto」に対応。安全面では、低速域での「PCS」(プリ・コリジョン・システム)を標準装備した。

《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集