オープン軽スポーツ、ダイハツ コペン がクーペになった…東京オートサロン2019[詳細画像]

ダイハツは、軽スポーツカー『コペンクーペ』を「東京オートサロン2019」に市販予定車として出展するとともに、イベント初日の1月11日から専用ウェブサイトで商談希望者の募集を開始した。

コペンクーペは「コペンセロ」をベースに、軽量で丈夫なCFRP製ハードルーフを装着。ルーフからトランク、リアエンドまでが一体となった流麗なエクステリアを創り出している。

開閉式のガラスハッチからは荷物の出し入れが可能。MOMO製革巻ステアリングホイール(CVT車はパドルシフト付)やBBS製鍛造アルミホイールを標準装備するほか、世界初となる曇りにくいガラス(防曇コート付フロントガラス)「eXeview」を採用する。また、HKS社とのコラボレーションによるスポーツマフラー、サスペンションキットをディーラーオプションとして新設する。

ボディカラーはブリティッシュグリーンマイカとパールホワイトIIIの2色を設定。それぞれCVTとMTが選択可能。MTモデルはコーナリング時の安定性を高めるフロントスーパーLSDを標準装備する。

ダイハツ コペンに関するニュースまとめ一覧東京オートサロンに関するニュースまとめ一覧

《ショーカーライブラリー》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース