スバル WRX STI、310hpにパワーアップ…米国で2019年型

自動車 ニューモデル 新型車

スバル WRX STI の2019年モデル
  • スバル WRX STI の2019年モデル
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは5月24日、2019年モデルの『WRX STI』を発表した。

2019年モデルでは、WRX STIの2.5リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジンがパワーアップ。最大出力は310hpへ引き上げられた。これは、新開発の吸気システムやハイフローの高性能エグゾースト、エンジンコンピュータの改良、強化ピストンの採用などによる効果。

また、2019年モデルには、WRX STIに限定車として、「グレイシリーズ」を250台設定。クールグレイの専用ボディカラー、クリスタルブラックシリカの専用エンブレム、ブラック仕上げの19インチアルミホイールなどを装備した。ブレンボ製のブレーキキャリパーは、シルバー塗装となる。

足回りには、STIチューンのビルシュタイン製ダンパーを装着。レカロシートやスウェード&レザー内装なども標準装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集