SSやNKだけでない…いまどきバイク選びは250アドベンチャーも有力

モーターサイクル 新型車

スズキ V-Strom 250
  • スズキ V-Strom 250
  • カワサキ VERSYS-X 250 ABS TOURER
  • ホンダ CRF250ラリー
  • スズキ V-Strom 250
  • ホンダ CRF250ラリー
  • VERSYS-X 250 ABS
  • スズキ V-Strom 250
  • カワサキ VERSYS-X 250 ABS TOURER
いま250ccクラスがアツイ! まるで80年代バイクブーム時代のごとく各メーカーがニューモデルを出し合い、凌ぎを削っているのだ。

昔はレーサーレプリカといい、いまでは“SS=スーパースポーツ”と呼ばれるフルカウルではホンダ『CBR250RR』、スズキ『GSX250R』、ヤマハ『YZF-R25』、カワサキ『ニンジャ250』などがあり、ネイキッドモデルでも4メーカーが激突。

さらにこれらに加え、オーストリアのKTMも『RC250』や『250デューク』を投入し、国境なき戦いとなっている。

いずれも幅広い層に支持され、好調なセールスを誇っているが、その理由のひとつには車検がなく経済性に優れ、しかも扱いきれる等身大の楽しさというのがある。

そしていま、その盛り上がりが250ccアドベンチャーという新ジャンルを形成しようとしている。

今年2月にホンダが『CRF250ラリー』を、カワサキが『VERSYS-X 250 ABS TOURER』を3月に新発売。4月にはさらに『VERSYS-X 250 ABS』もラインナップに加え、いずれもクラスを超えた装備と性能、そして立派すぎる車格で発売後瞬く間に人気モデルになった。

そして本日(6月30日)、スズキが『Vストローム250』を7月6日より発売すると公式発表したから、この新セグメントもまさに戦国時代の様相に。

そもそもアドベンチャーモデルというのは、その名のとおり“冒険”のためのバイク。長距離ツーリングが快適、つまり高速道路をゆとりをもって走ることができ、しかも長旅に備えた荷物を満載にできなくてはならない。

さらに舗装が途絶えてしまったその先にも踏み入れられるようダートでの走破性も大事で、簡単に言ってしまえば、どこでへも行けるというタフなロングツアラーなのだ。

その高次元な条件を満たすには、いままでは大排気量車でなければならなく、250ccクラスでは到底難しいと考えられてきた。

しかし、いま売り出し中のモデルたちは「アドベンチャー」とメーカーらも謳っていて、その実力もそう呼ぶのに相応しい。

これはまさに革命的。最新の技術によって、250ccでも充分にパワフルになったし、またライダーからこうしたモデルを要望する声が多くなっているのは、ライディングポジションがゆったりとしていて、スピードを出して飛ばすよりツーリング派が増えた現代を象徴しているのかもしれない。

これからのバイク選び。250アドベンチャーを見逃してはならない!
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集