STIコンプリートカーの本質を凝縮した一台[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車
スバル・WRX STI NBR チャレンジ号
  • スバル・WRX STI NBR チャレンジ号
  • スバル・WRX STI NBR チャレンジ号
  • スバル・WRX STI NBR チャレンジ号
  • スバル・WRX STI NBR チャレンジ号
  • スバル・WRX STI NBR チャレンジ号
  • スバル・WRX STI NBR チャレンジ号
  • スバル・WRX STI NBR チャレンジ号
  • スバル・WRX STI NBR チャレンジ号
ニュルブルクリンク24時間レースに向けてスバルテクニカインターナショナル(STI)は1月30日、富士スピードウェイにて参戦車両『スバル WRX STI』のレースカーをシェイクダウンした。

日本からは、吉田寿博選手と佐々木孝太選手が参戦し、欧州からさらに2名が加わる予定。2011年ならびに2012年にSP3Tクラスでトップを獲得したNBRチャレンジチームは、今年3連覇を目指している。

車両は、アンダースポイラーの大型化やボンネットダクト形状の変更、リヤタイヤハウス回りのオーバーフェンダー造形変更などを行い、主に高速コーナーでのタイムアップを目指している。

全長4580mmx全幅1855mmx全高1400mmの車両重量は1200kg。搭載するEJ20型エンジンは最高出力340psと最大トルク47kgf-mを達成。スバル独自のシンメトリカルAWDシステムをレースカーにも採用している。

さらに、25周年を記念するSTIは特別仕様車のコンプリートカーを2013年に発売する予定。
《太宰吉崇》
【画像】STIコンプリートカーの本質を凝縮した一台[写真蔵](30枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース