プジョー『e-208』、小型EVオブザイヤー受賞… ホンダe を抑える

プジョーは10月8日、新型『208』のEVの『e-208』(Peugeot e-208)が、英国『WHAT CAR?』の「エレクトリック・カー・アワード」において、「エレクトリック・スモールカー・オブザイヤー」を受賞した、と発表した。

新型208に初設定されたのが、EVのプジョーe-208だ。プジョーe-208は、「e-CMP」と呼ばれる電動モジュラー車台をベースに開発された。EVパワートレインは、モーターが最大出力136hp、最大トルク26.5kgmを発生する。バッテリーは、蓄電容量が50kWhと大容量だ。この効果で、1回の充電で最大450km(NEDC:新欧州サイクル)の航続を備える。

バッテリーの充電は、家庭用コンセントでおよそ16時間だ。三相コンセントでおよそ5時間15分。出力100kWの急速チャージャーを利用すれば、バッテリーの8割の容量をおよそ30分で充電できる。3種類のドライブモードとして、「エコ」「ノーマル」「スポーツ」を採用した。このうち、スポーツではパフォーマンスが重視され、0~100km/h加速は8.1秒の性能を発揮する。

このe-208が、英国『WHAT CAR?』のエレクトリック・カー・アワードにおいて、エレクトリック・スモールカー・オブザイヤーを受賞した。ホンダの『ホンダe』、ルノー『ゾエ』新型の両EVを抑えての受賞となった。

審査員は、「プジョーを選択し、パワートレインを選択する」というプジョー独自の哲学に感銘を受けた。これにより、顧客はフルEVのe-208、ガソリン車、ディーゼル車の新型208から選択できる。プジョーによると、3車の間で、実用性、仕様、機能に妥協はないという。

また、審査員は、プジョーの最新の3D「i-Cockpit」を備えたe-208のインテリアも高く評価した。プジョーのしなやかなサスペンションと実用的な航続も、高得点を獲得した、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース