【トヨタ GRヤリス】ワールドプレミア直前、プロトタイプの内外装をチェック[詳細画像]

トヨタ GRヤリス プロトタイプ
  • トヨタ GRヤリス プロトタイプ
  • トヨタ GRヤリス プロトタイプ
  • トヨタ GRヤリス プロトタイプ
  • トヨタ GRヤリス プロトタイプ
  • トヨタ GRヤリス プロトタイプ
  • トヨタ GRヤリス プロトタイプ
  • トヨタ GRヤリス プロトタイプ
  • トヨタ GRヤリス プロトタイプ

「ラリー王国トヨタ」を勝ち取るために開発された新型『GRヤリス』。国内向け新型『ヤリス』が正式発表となった20日、その情報の一部が解禁となった。同時に、ジャーナリスト向け試乗会で披露されたプロトタイプの姿も解禁。撮り下ろし54枚の写真から内外装をチェックしたい。

現段階ではGRヤリスの全貌は明かされていない。今わかっているのは、GRヤリスが「ラリー王国トヨタ」を勝ち取るためのトヨタのスポーツ戦略車であること、ノーマルヤリスにはない3ドアボディを専用開発したこと、ルーフにカーボンを採用していること、最小・最軽量の1.6リットル3気筒ターボエンジンを搭載すること、リアデフに高応答カップリングを内蔵し前後駆動配分0:100をも実現する革新的な4WDシステムを採用したことなど。

お馴染みのGRカモフラージュが施されたエクステリアからわかるのは、GRブランド共通の大開口グリルを備えたフロントバンパー、大きく張り出したフェンダー、ツインエギゾースト程度か。内装は、造形こそほぼ新型ヤリスだが、各所にGRバッジが散りばめられているほか、専用のスポーツシートが装着されていることがわかる。また、トランスミッションは6MTだ。

トヨタは2020年1月10日に開幕する「東京オートサロン2020」でそのすべてを明らかにする予定だ。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース