トヨタ アルファード など7800台、シートベルト不具合でリコール

トヨタ・アルファード
  • トヨタ・アルファード
  • 改善箇所

トヨタ自動車は12月11日、『アルファード』など11車種について、後部座席シートベルトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはトヨタ『アルファード』『ヴェルファイア』『ノア』『ヴォクシー』『エスクァイア』『カムリ』『コースター』『コースタービッグバン』、ダイハツ『アルティス』、日野『リエッセII』『リエッセIIビッグバン』の11車種で、2019年8月19日~9月12日に製造された7790台。

対象車両は、後部座席シートベルトにおいて、組付設備の調整が不適切なため、ベルトリトラクタロック機構部のスプリングが屈曲して組付けられたものがある。そのため、スプリングが構成部品と干渉し、シートベルトが素早く引き出された際にロックしないおそれがある。

改善措置として、全車両、対象となる後部座席ベルトの製造番号を点検し、該当する場合は座席ベルトを良品と交換する。

不具合および事故は起きていない。社内からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース