トヨタ、アクア など6車種1万9000台をリコール ハイブリッドシステム停止のおそれ

トヨタ・アクア
  • トヨタ・アクア
  • 改善箇所

トヨタ自動車は6月26日、『アクア』など6車種について、ハイブリッドシステム停止により走行不能となるおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『アクア』『カローラアクシオ』『カローラフィールダー』『シエンタ』『ヴィッツ』『ジャパンタクシー』の6車種で、2018年2月6日~11月15日に製造された1万9618台。

不具合の要因は、電圧変換装置(DC-DCコンバータ)制御基板の半田付けが不十分なものがあったこと。使用過程における冷熱の繰り返しで半田が剥離して、補機バッテリへの充電ができなくなることで警告灯が点灯し、最悪の場合、ハイブリッドシステムが停止して走行不能となるおそれがある。

改善措置として、全車両、DC-DCコンバータの製造番号を点検し、該当する場合は良品と交換する。

不具合は256件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集