BMW、25車種7万台をリコール…ブローバイヒーター不具合で火災事故2件発生

自動車 テクノロジー 安全
BMW 5シリーズ(参考画像)
  • BMW 5シリーズ(参考画像)
  • 改善箇所
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は5月10日、『5シリーズ』など25車種7万台について、エンジンのブローバイヒーターに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『130i』『323i』『325Xi』『330i』『330Xi』『325iツーリング』『523i』『525i』『528i』『530i』『523iツーリング』『525iツーリング』『528iツーリング』『530iツーリング』『530Xiツーリング』『630i』『Z4 2.5i』『Z4 3.0Si』『Z4クーペ 3.0Si』『Z4 sDrive 23i』『X1 xDrive 25i』『X3 xDrive 28i』『X3 2.5Si』『X3 3.0Si』『X5 3.0Si』の25車種で、2005年10月27日~2011年12月20日に製造された7万0978台。

エンジンのブローバイガス還元装置において、ブローバイガスヒーターの成形加工が不適切なため、外装樹脂にクラックが発生するものがある。そのため、クラックに水分が浸入すると、クラックが拡大し樹脂内部にある電熱線ヒーターの回路がショートして警告灯が点灯し、そのまま使用を続けると、ヒーターが異常発熱して外装が溶け、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、ブローバイガスヒーターを対策品に交換する。

不具合は14件発生、火災事故が2件起きている。市場からの情報により届け出た。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集