【フランクフルトモーターショー15】前夜祭「VWグループナイト」は世界のメディアから大きな注目

自動車 ニューモデル モーターショー

「VWグループナイト」。会場は大勢のメディアでいっぱいとなった
  • 「VWグループナイト」。会場は大勢のメディアでいっぱいとなった
  • 「VWグループナイト」が開催されたフランクフルト郊外のFraport Arena
  • アウディAGを代表してインタビューに応えるルパート・スタドラー氏。最後までインタビューが切れなかった一人だ
  • ベントレー初のSUV『ベンテイガ』登場時は会場内がどよめいた
  • SEATの『レオン クロススポーツ』にも人気が集まった
  • 会場にはいりきれない人は場外のモニターで見るしかなかった
  • 液晶ディスプレイを多用した『e-トロン・クワトロコンセプト』のコックピット
  • 来年4月にも発売されるVWティグアンGTE
フランクフルトモーターショーの前夜祭としてフォルクスワーゲン(VW)グループの注目車が一斉に披露されるグループナイトが、14日夜、前回と同じフランクフルト郊外のFraport Arenaで開催された。

会場はモーターショー(IAA)の会場から約10km離れたところにある。会場は最後まで華やかさに包まれたが、それだけに場内に入りきれない人も多数出現するほどの人気を集めていた。

イベントは予定を15分ほど遅れてスタート。各ブランドを代表するCEOが次々と登場し、メインとなる新型車やコンセプトカーを発表していった。広々としたステージの上を複数のクルマが走り回り、その臨場感はモーターショー会場では体験できない貴重なもの。VWがグループを挙げてこの場所で事前に披露している理由も理解できる。

イベントそのものは21時前後には終了したが、その後はコンセプトカーの詳細を撮影したり、各CEOからインタビューを得ようと多くのメディアで会場内は遅くまでごった返した。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集