トヨタ FT-1 に新仕様、「ビジョン グランツーリスモ」…レーサー登場

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ FT-1 ビジョン グランツーリスモ
  • トヨタ FT-1 ビジョン グランツーリスモ
  • トヨタ FT-1 ビジョン グランツーリスモ
  • トヨタ FT-1 ビジョン グランツーリスモ
  • トヨタ FT-1 ビジョン グランツーリスモ
  • トヨタ FT-1 ビジョン グランツーリスモ
  • トヨタ FT-1 ビジョン グランツーリスモ
  • トヨタ FT-1 ビジョン グランツーリスモ
  • トヨタ FT-1 ビジョン グランツーリスモ
トヨタ自動車とグランツーリスモは8月13日、米国カリフォルニア州において、トヨタ『FT-1ビジョン グランツーリスモ』を初公開した。

トヨタ『FT-1』は2014年1月、デトロイトモーターショー14でワールドプレミア。トヨタの北米デザイン拠点のCalty Designが開発し、将来のトヨタスポーツカーの方向性を示すモデルとして、注目を集めた。同時に、『グランツーリスモ6』上でもリリースされ、バーチャルの世界で、スポーティな走りを体験できた。

今回発表されたFT-1ビジョン グランツーリスモは、FT-1をさらに発展させ、Calty Designがレーシングカーに仕立てている。グランツーリスモによると、FT-1が自動車ファンに向けてデザインされたのに対し、FT-1ビジョン グランツーリスモは、「グランツーリスモ」ファンを対象に開発を進めたという。

デザインのコンセプトは、ゲーム上のあらゆるサーキットでスポーティな走りが堪能できること。マッシブに張り出したフェンダーには、よりワイドなタイヤが収まり、サーキットでは最高のグリップを発揮。エアインテークは拡大され、冷却性能を向上。リアウイングも、より強力なダウンフォースを発生させるために、大型化した。

また、フロントにはダウンフォース増大のため、カナードを追加。リアディフューザーはより大きく、垂直フィンを多数配置し、さらに後ろに押し出す配置とした。その結果、空気の流れが最適化され、適切なダウンフォース獲得にも成功しているという。

なお、FT-1ビジョン グランツーリスモは2014年9月、PlayStation3専用ソフトウェア、『グランツーリスモ6』の無料アップデートを通じて、 配信される予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集