【まとめ】日本カー・オブ・ザ・イヤー、新しい歴史に名を刻んだのは…

自動車 ビジネス 国内マーケット

VW ゴルフがCOTYに選ばれ、喜ぶ関係者
  • VW ゴルフがCOTYに選ばれ、喜ぶ関係者
  • 2013-2014年日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたVW ゴルフ。輸入車としては初の栄冠
  • VW・ゴルフ「コンフォートライン」
  • VW ゴルフ TSI ハイライン
  • VW ゴルフがCOTYに選ばれ、喜ぶ関係者
  • VW ゴルフがCOTYに選ばれ、喜ぶ関係者
  • 表彰式で喜びを語るフォルクスワーゲングループジャパンの庄司茂社長
  • 2013-14 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)表彰式
自動車ジャーナリストや識者がその年を代表する車種を選ぶ日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)。2013年はVW『ゴルフ』(7代目)が選ばれ、同賞創設以来の初めて輸入車が大賞を受賞する快挙を成し遂げた。

当初はデュアルクラッチトランスミッションとHVを組み合わせるなど、強力な商品力を携えてフルモデルチェンジを果たしたホンダ『フィット』との一騎打ちが予想されたが、蓋を開けてみると、開票直後からゴルフの独走で受賞。

受賞が決まった直後、VWジャパン庄司茂社長は感激の面持ちでスピーチ。「(選考委員の)ゼロ評価・ゼロ得点が一人もいなかった。この結果は、いろいろな方面から評価いただいているVW ゴルフというクルマを表している」。


◆日本カー・オブ・ザ・イヤーに先立って行われたRJC COTYはマツダ アテンザに栄冠

RJCカーオブザイヤー、マツダの アテンザ が受賞

ボルボ V40、RJCカーオブザイヤーインポートを受賞

三菱自動車、プラグインハイブリッドEVシステムがRJCテクノロジー・オブ・ザ・イヤーを受賞


◆10月にノミネート、11月に最終選考の10台が決定

2013-2014のノミネート車発表

10ベストカー決まる…輸入車勢が半数占める


◆部門賞はアウトランダー PHEVがRJCとともに2冠

部門各賞が決定、イノベーション部門は三菱 アウトランダーPHEV

マツダ アテンザ がエモーショナル部門賞を受賞

スズキ スペーシアがスモールモビリティ部門賞を受賞

三菱 アウトランダーPHEV がイノベーション部門賞を受賞


◆念願の初受賞、VWジャパン沸き立つ

“今年のクルマ”はVW ゴルフ…輸入車初の栄冠

VWジャパン庄司社長「この受賞を輸入車業界の励みに」

VW ゴルフが輸入車初受賞の快挙、評価のポイントは


◆ジャーナリストも偉業に称賛送る

MQBで実現したコストダウンと品質維持に驚き…斎藤聡

軽自動車も全てのクルマと同じ土俵で評価されるべき…松下宏

車の歴史や背景を重視…石川真禧照

極めて高いレベルでまとめあげている…斎藤慎輔

好きか嫌いかでは割り切れない…川上完

あらゆる面でレベルが高くなった…ボブ・スリーヴァ

懐の深さが見え隠れしている…三好秀昌

独自の風合いと質感が個性を伝えてくる…桂伸一

どこをとっても隙の無い高性能ぶり…津々見友彦

いま一番、乗ってほしいクルマ…岩貞るみこ

大衆車と考えると価格差は大きい…諸星陽一

革新のクルマづくりで新しい伝説がはじまる…森野恭行

幅広いライフスタイルに合うクルマ…こもだきよし

女子がハンドルを握って誇らしい気持ちになれる…今井優杏

技術へのチャレンジが窺えるSクラス…松田秀士

Sクラスが大衆高級車の世界を牽引していく…木下隆之

コンパクトカーの常識を超えたフィット…萩原秀輝

最新テクノロジーのショールーム…西川淳

乗り込んだ瞬間から心底魅力を実感…青山尚暉

自動車発明者としての誇りと意地に敬意…御堀直嗣

幸せを考えたクルマづくりと技術者たちの熱意を感じた…藤島知子

クルマ作りに大きな革新が起きる可能性…高山正寛

時代の空気をしっかり取り込んでいるパンダに好感…森口将之

インターナショナルなものさしでクルマをはかる…松任谷正隆

自動車作りの信念の勝利…舘内端
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集