【東京オートサロン09】モータースポーツ車両アラカルト…F1からルマンまで

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

毎年、数々のモータースポーツ車両が展示されるオートサロン。今年も、08年に活躍した車両がカテゴリーを超えて集結した。ここでは、SUPER GT、D1、ラリーカー以外のカテゴリーのマシンを紹介。

トヨタは、「TF108」を展示。合わせて、実際に使用されているステアリングも展示し、そのボタンやダイヤルの多さを披露していた。NGKブースで展示されていたのが、ホンダ最後のF1マシン「RA108」。ただし、こちらはTF108とは異なり、数年前のマシンに08年カラーを施したものだ。

また、国内最高峰のフォーミュラ・ニッポンのLAWSON TEAM IMPULの「ローラFN06トヨタ」(1号車)も展示されていた。松田次生が08王者となったチャンピオンマシンである。同じくFニッポンのTP Checker IMPULの「ローラFN06トヨタ」(19号車)の姿も。

アメリカンモータースポーツ系では、トヨタがNASCAR仕様の『カムリ』を展示。ジョー・ギブスレーシングのカイル・ブッシュが搭乗した18号車が展示されていた。

スーパー耐久シリーズのマシンもあった。STクラス3で優勝した、M&M SPORTの333号車「エグセディH.I.S.イングスZ」(日産のZ33型『フェアレディZ』ベース)、同じくSTクラス3で08年5位のTOMEI SPORTSの113号車「UNT Racing ☆ ings Z」(Z33型フェアレディZベース)の2台を確認。

珍しいところでは、国内では一般への大々的な公開は2回目になると思われるドイツ・ニュルブルクリンク24時間レース仕様のスバル『インプレッサ』(86号車)。そのほかルマン系では、88年に2位となったポルシェ『962C』(17号車)、08年に参戦した東海大学ルマンプロジェクトの「TOP03」(22号車)などの姿も。

さらに、今年7月から富士スピードウェイの富士チャンピオンレース「カローラアクシオGTクラス」(仮)のワンメイクレース車両のテストカーも展示されていた。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集