【株価】米国株安を嫌気し全体続落

自動車 ビジネス 株価

米国株安を嫌気し全体相場は続落。世界的な景気後退に対する警戒感から輸出関連株を中心に売りが出た。

アジア市場が軟調な動きとなったことも売りを誘った。もっとも、一方的に売り込む展開とはならず、下値には個人投資家の買いが入っていた。商いは低水準。自動車株はほぼ全面安となった。 

トヨタ自動車が前日比60円安の3240円と続落。ホンダが95円安の2145円、日産自動車が21円安の403円と続落した。

こうした中、ダイハツ工業が44円高の908円、日野自動車が4円高の217円と反発。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集