トヨタ車体の『ランクル40×ランクル70』…東京オートサロン2023

トヨタ自動車 / トヨタ車体ランクル40×ランクル70(東京オートサロン2023)
  • トヨタ自動車 / トヨタ車体ランクル40×ランクル70(東京オートサロン2023)
  • トヨタ自動車 / トヨタ車体ランクル40×ランクル70(東京オートサロン2023)
  • トヨタ自動車 / トヨタ車体ランクル40×ランクル70(東京オートサロン2023)

トヨタグループの完成車両メーカーのひとつ、トヨタ車体は、カスタムカー展示会の東京オートサロン2023において自前の展示スペースを確保、黄色い“ランクル”など複数台を並べた。トヨタ『ランドクルーザー』はトヨタ車体の主力製品のひとつだ。

黄色い個体は一見すると「ランドクルーザー40」のレストアだが、足回りは「ランドクルーザー70」になっている。その名を『ランクル40×ランクル70』という。

ランドクルーザーを長く、安心して、楽しく乗り続けるために、中古車の40のボディと、70のベアシャシーとを組み合わせたカスタム車だ。「70の耐久性、信頼性、悪路走破性はそのまま、40のクラシカルなボディとカラーを生かした」が謳い文句。

トヨタ車体では、東京オートサロン会期後の1月21日、ランドクルーザーのカスタマイズ、用品販売、整備・車検を専門にする、「ランクルBASE(ランクルベース)」を愛知県刈谷市にプレオープンした。トヨタ車体がプロデュースするランクルBASEでは、メーカーならではのサービスでランクルの新たな楽しみ方を提案するという。ランクル40×ランクル70はその一例となる。

トヨタ車体は消費者の多様化するライフスタイルに寄り添い、最適な 「クルマ+α」 を提案したいと考えている。市販車や特装車の開発~生産で培ってきたメーカーならではのモノづくり力で、同社らしいサービス提供を意図する。その施策として、商用車の特装・架装とランドクルーザーのカスタマイズ・用品の専門店を出店する計画だ。第1弾がランドクルーザー専門店のランクルBASEとなる。正式オープンは 2023年年央の予定。

《高木啓》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集