トヨタ プリウス 新型、加速性能は2割以上向上…米国仕様[詳細画像]

トヨタ・プリウス 新型(米国仕様)
  • トヨタ・プリウス 新型(米国仕様)
  • トヨタ・プリウス 新型(米国仕様)
  • トヨタ・プリウス 新型(米国仕様)
  • トヨタ・プリウス 新型(米国仕様)
  • トヨタ・プリウス 新型(米国仕様)
  • トヨタ・プリウス 新型(米国仕様)
  • トヨタ・プリウス 新型(米国仕様)
  • トヨタ・プリウス 新型(米国仕様)

トヨタ自動車の米国部門は11月17日、新型『プリウス』(Toyota Prius)の米国仕様車をロサンゼルスモーターショー2022で初公開した。

新型プリウスには、第5世代のハイブリッドシステムを搭載する。駆動方式FFの米国仕様車の場合、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは最大出力194hpを発生する。0~96km/h加速は7.2秒と、従来型の9.8秒に対して、26%速くなった。

また、駆動方式AWDの米国仕様車の場合、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは最大出力196hpを発生する。0~96km/h加速は7.0秒だ。AWD車には、モーターで後輪を駆動する電動オンデマンドAWDシステムを採用した。発進時や雪道などの滑りやすい路面において、安定した走行性能を追求している。

バッテリーは新開発のリチウムイオンだ。従来モデルのニッケル水素バッテリーよりも、15%出力が向上している。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集