メルセデスAMGの新型『GLC63』、BMW『X3M』をも凌駕する670馬力!? 内装も激写

メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツは6月1日、主力クロスオーバーSUV『GLC』新型を発表したばかりだが、その頂点に君臨するハードコアモデルのメルセデスAMG『GLC63』の最新プロトタイプを、早くもスクープした。

昨年11月にスクープしたプロトタイプは厳重なカモフラージュだったが、今回はボディ前後とサイドスカートが偽装されているのみで、ディティールがあらわになっている。車体はローダウンされワイドボディを採用、よりアグレッシブなバンパー、分厚いサイドスカートが装備されている。フロントエンドにはAMGの象徴である「パナメリカーナグリル」が光る。

メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)

また足回りは特注のAMGホイールにクロスドリルを備えるローター、レッドキャリパーで強化されたブレーキなどが確認できる。また後部では大型ルーフスポイラー、クワッドエキゾーストパイプ、そしてアグレッシブなディフューザーなどが見てとれ、超高性能モデルであることが一目瞭然だ。

キャビン内も初めて撮影に成功。12.3インチの自立型デジタルクラスター、センターコンソールの大きく傾斜した11.9インチのタッチスクリーン、およびカラーヘッドアップディスプレイなど予想通りGLC新型と同じレイアウトが見てとれる。ただし、AMGには、よりスポーティなバケットシートのセットと、スエードスタイルのフラットボトム・ステアリングホイールや、カーボンファイバーのアクセントが追加されている。

メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)メルセデス AMG GLC63プロトタイプ(スクープ写真)

その心臓部は、前世代の4.0リットルV型8気筒から、最高出力400psを軽く超える2.0リットル直列4気筒ターボエンジンへ置き換えられ、さらに最大200psを超える電気モーターと組み合わされることによりシステム合計で670psを発揮するとも噂される。これが事実なら、ライバルとなるBMW『X3M Competition』の510psをも凌駕する狂気のパフォーマンスとなるだろう。

「GLC63」のワールドプレミアは、最速で2022年内と予想される。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集