湘南ブルーが光るオーテック、東京オートサロン2018の日産ブース

自動車 ニューモデル モーターショー

日産ブース、オーテック・エリア(東京オートサロン2018)
  • 日産ブース、オーテック・エリア(東京オートサロン2018)
  • セレナ e-Powerオーテック仕様(東京オートサロン2018)
  • ノート e-Powerオーテック仕様(東京オートサロン2018)
  • エクストレイル・オーテック仕様(東京オートサロン2018)
  • エクストレイル・グランドツーリング(東京オートサロン2018)
  • 日産ブース(東京オートサロン2018)
1月12日に開幕したチューニング&ドレスアップカーの祭典、東京オートサロン2018(幕張メッセ)。今回の日産自動車ブースはオーテック、ニスモ、日産のトリコロール仕立て。

ハイライトはサブブランドとして再スタートを切ったオーテックエリアだろう。湘南ブルーに染められたエリアには、ミニバンの『セレナ e-Power』、サブコンパクトカー『ノート e-Power』、SUV『エクストレイル』のオーテックバージョン3台を参考出品。車種を超えて統一感を持たせたエクステリアのビジュアル、標準モデルより数ランク上等なタイヤ、シックなインテリアなど、特別なブランドであることをアピールしていた。

日産コーナーもにぎやか。『エクストレイル・グランドツーリング』コンセプトは、エクステリアを巧妙なラッピングやスリークなオーバーフェンダーでイメチェンしたものだが、そのドレスアップ効果は結構なもので、1サイズ大きく見える。『フェアレディZヘリテージエディション』はイエローのボディカラーにブラックラインを配したドレスアップ。古い時代を知っている人であれば、ヘリテージの言葉がなくともひと目で「240Z」を連想することだろう。

昨年の東京モーターショーで一足先にEV『リーフ』のカスタマイズをはじめ多くの新コンセプトを提案したNISMOコーナーと合わせ、日産ファンを大いに惹き付けるエリアと言えそうだった。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集