【東京モーターショー2017】カワサキZ900RSの全貌が明らかに

自動車 ニューモデル モーターショー

カワサキZ900RS
  • カワサキZ900RS
  • カワサキZ900RS
  • カワサキZ900RS
  • カワサキZ900RS
  • カワサキZ900RS
  • カワサキZ900RS
  • カワサキZ900RS
  • カワサキZ900RS
世界に先駆け、東京モーターショー2017のカワサキブースで発表された『Z900RS』。

「『Z1』の再来!」と言われる超注目モデルだけあって、カワサキはモーターショーでのプレスカンファレンスに続き、近隣ホテルで追加の記者会見を開催。バイクファンが待望だった『Z900RS』の全貌、詳細を明らかにした。

高張力鋼トレリスフレームにリジッドマウントしたエンジンは、Z1と同じ900ccクラスの並列4気筒。水冷化されているが、フィンをシリンダーヘッドに設けるなどし、空冷エンジンのイメージを創造。ブラックペイント仕上げで、カバー類をアルミダイキャスト製とし質感は高い。

ティアドロップ型の燃料タンクもZ1からインスパイアされたもので、容量は17リットルと充分。サイドカバーの前にあるのはアルミ製のニーグリップカバーで、クリアアルマイトコーティングが施され、美しい仕上がりと高い耐腐食性を持たせてある。

足まわりは前後17インチで、スポーク部分を切削加工した専用のキャストホイールにダンロップ製GPR-300タイヤを履く。

フロントブレーキは、対向ピストンラジアルマウントモノブロックキャリパーを備える豪華仕様。ラジアルポンプ式のマスターシリンダー、300mm径のディスク(有効径266mm)との組み合わせによって、優れた制動力と高いコントロール性を両立した。

フロントフォークはインナーチューブ径41mmの倒立式。しなやかに動くようセッティングされ、シーンを選ばず落ち着きのあるハンドリングを獲得した。圧側10段階、伸側12段階、プリロード無段に調整できる。ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションも伸側減衰力とプリロードの無段調整を可能とした。

フロントフェンダーは3ピース構造になっていて、アルミダイキャスト製のフェンダーサポートによってマウントされる。

早く聞いてみたいのが、カワサキ初の「エキゾーストサウンドチューニング」がされた排気音だ。形状、構造、素材、そして仕上げにまでこだわり抜いたマフラーは、ヘッダーパイプに変色に強い中空二重管構造を用いて、外観上の美しさを追求した結果、コネクターパイプや排気デバイスを廃した。サイレンサーはショートタイプのメガホン形状とし、すべて高品質のステンレス鋼製でバフ仕上げにしている。

車体色は2色。12月1日発売、メーカー希望小売価格価格 メタリックスパークブラック=129万6000円(消費税込)、キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ=132万8400円(消費税込)となっている。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集