【東京モーターショー2017】次期 ハイエース を占うコンセプト LCV は「乗る人や働く人にやさしい」

自動車 ニューモデル モーターショー

LCVと、取締役社長の増井敬二氏
  • LCVと、取締役社長の増井敬二氏
  • プレスカンファレンスには取締役社長の増井敬二氏が登壇した
  • 取締役社長の増井敬二氏
  • 『LCV D-カーゴコンセプト』
  • 『LCV アスレチックツアラーコンセプト』
  • トヨタ車体ブースは西ホール、トヨタブースの向かい側
トヨタ車体は10月25日、東京モーターショーの自社ブースにて、プレスカンファレンスを開催した。取締役社長の増井敬二氏が登壇した。

トヨタ車体では、商用バンのコンセプトである『LCV』(ライト・コマーシャル・ビークル)と、超小型モビリティコンセプト『ワンダーカプセル』を出展している。次期『ハイエース』を占うコンセプト車両だ。展示車両について増井社長は、「ハイエースに代表される商用車をつくり続けてきた開発者が、乗る人へのやさしさ、使いやすさと快適さを追い求めたマルチバン」と紹介した。

LCVは、さらに3種類の仕様コンセプトが提案されている。宅配バンを想定した小型デリバリーバン「LCV D-カーゴコンセプト」、ビジネスパーソン向けのハイヤーをイメージした「LCVビジネスラウンジコンセプト」、車いすマラソン選手の利用をイメージした「LCVアスレチックツアラーコンセプト」の3種類。

いっぽうの超小型モビリティ『ワンダー・カプセル・コンセプト』について、増井社長は「カーシェアリング、ライドシェアリングを想定したモビリティだ。トヨタ車体は、2000年からパーソナルモビリティ『コムス』を提供してきた。これからも未来のモビリティ社会をリードしていきたい」と説明し、こちらは次期コムスのコンセプトとなることをにおわせた。

会見を通じて増井社長は、「乗る人や働く人にやさしいクルマをお届けしたい」と繰り返し強調した。そして最後に「トヨタのビジネスユニットであるCVカンパニーの中核を担い、「世のため人のために」を使命としてクルマ作りを進めていく」とアピールした。
《佐藤耕一》

編集部おすすめのニュース

特集