【ペブルビーチ15】ランクル 200 のレクサス版「LX」がデザイン一新

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス LX570(2016年モデル)
  • レクサス LX570(2016年モデル)
  • レクサス LX570(2016年モデル)
  • レクサス LX570(2016年モデル)
  • レクサス LX570(2016年モデル)
  • レクサス LX570(2016年モデル)
  • レクサス LX570(2016年モデル)
  • レクサス LX570(2016年モデル)
  • レクサス LX570(2016年モデル)
レクサスは8月13日、米国で開幕したペブルビーチコンクールデレガンスにおいて、レクサス『LX570』の2016年モデルを初公開した。

レクサスLX 570は、トヨタ『ランドクルーザー200』のレクサス版として、2007年4月のニューヨークモーターショーで発表。日本仕様のランドクルーザー200にはない5.7リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載するなど、ラグジュアリー志向を強めた。

2012年1月、デトロイトモーターショー12では、LX 570の2013年モデルが登場。現行型のデビュー以来、初の大幅改良を受けた。新型『GS』から導入されたレクサスの新しい表情、スピンドルグリルを採用して、イメージを変えている。

今回、米国で発表された2016年モデルは、2度目のフェイスリフトが施されたレクサスLX570。ワンピースのスピンドルグリルの採用をはじめ、ヘッドライト、バンパーなどを変更して、表情を一新する。リアはテールランプやバンパーが新しい。

室内は、メーターやダッシュボード中央のモニターが新デザイン。後席用を含めて、モニターは大型化された。各部の素材の見直しにより、プレミアム度をさらに引き上げる。

エンジンに変更はない。5.7リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、最大出力383hp、最大トルク55.7kgmを発生。トランスミッションは、6速ATから8速ATに進化している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集