【リコール】日産 GT-R R35 など、ポップアップエンジンフードに不具合

自動車 ビジネス 企業動向

GT-R(R35)
  • GT-R(R35)
  • 改善箇所
日産自動車は5月21日、『スカイライン』などのポップアップエンジンフードに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは日産『スカイライン』『GT-R』の2車種で、2007年9月3日から2008年4月14日に製造された6870台。

ポップアップエンジンフードのアクチュエータにおいて、シリンダ締結部のシール構造が不適切なため、アクチュエータ内部に水が浸入するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、衝突時にエンジンフード後端が十分に上がらず、最悪の場合、歩行者頭部および脚部保護の基準を満足しないおそれがある。

改善措置として、全車両、当該ポップアップエンジンフードアクチュエータを対策品と交換する。

不具合は3件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集