11月のロシア新車販売、4%減…日産は36%増で5位に上昇

自動車 ビジネス 海外マーケット

欧州ビジネス評議会(AEB)は12月9日、11月のロシアにおける新車販売の結果を公表した。商用車を含めた総販売台数は、23万1982台。前年同月比は4%減と、9か月連続で前年実績を下回った。

ブランド別トップは引き続き、ロシア自動車大手、アフトワズの乗用車ブランド「ラーダ」。11月は3万6509台を売り上げたものの、前年同月比は19%減と、9か月連続で前年実績を割り込む。販売の主力は『Granta』で、前年同月比5%減の1万2190台。

2位は、2か月連続でルノー。11月は、前年同月比3%増の1万7721台と、5か月連続のプラス。新型を投入した『ダスター』が、前年同月比12%増の7563台と引き好調。

3位は、2か月連続で韓国ヒュンダイモーター傘下のキアモーターズ。11月は1万7399台を販売し、前年同月比は16%増と、4か月連続で増加した。コンパクトカーの新型『リオ』が、前年同月比3%増の7038台と、4か月連続で増加。

ヒュンダイモーターは引き続き4位。その販売台数は1万5539台で、前年同月比は6%増と、6か月連続で前年実績を上回った。小型セダンの『ソラリス』(海外名:『アクセント』)が、前年同月比4%増の9672台と、2か月ぶりに回復した。

日産は10月の8位から、11月は5位に上昇。11月は1万4586台を販売し、前年同月比は36%増と、2か月ぶりの前年実績超え。『キャシュカイ』(日本名:『デュアリス』)が、前年同月比58%増の4397台と牽引役を果たす。

6位は、GMのシボレー。その販売台数は1万3576台にとどまり、前年同月比は18%減と12か月連続の前年割れ。SUVの『ニーバ』が16%減の3971台と、7か月連続のマイナス。小型セダンの『クルーズ』も、36%減の3638台と3か月連続で減少。

7位のフォルクスワーゲンは、1万2852台を販売。前年同月比は9%減と、9か月連続で前年実績を下回った。主力の『ポロ』が6239台を売り上げ、前年同月比は5%増と、5か月連続で前年実績を上回る。

8位のトヨタは、1万2093台を販売。前年同月比は13%増と、3か月連続の前年実績超え。『RAV4』が53%増の3181台と、引き続き好調。新型を投入した『カローラ』も、60%増の2992台と大きく伸びている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集