【ジュネーブモーターショー12】ホンダ、CR-Vプロトタイプ や世界最軽量DEを出展

自動車 ニューモデル モーターショー
NSXコンセプト
  • NSXコンセプト
  • ホンダCR-V(東京モーターショー11)
  • ホンダ EV-STER (東京モーターショー11)
ホンダは、3月6日から開幕するジュネーブモーターショー2012に欧州向け『CR-Vプロトタイプ』(欧州仕様)を出展すると発表した。

次世代スーパースポーツ『NSXコンセプト』、次世代電動スモールスポーツコンセプトモデル『EV-STER』、1.6リットルクラスでは世界最軽量のディーゼルエンジンなども出展する。

2012年秋に欧州で発売となるCR-Vのエクステリアデザインの方向性を示すCR-Vプロトタイプ(欧州仕様)を展示する。

また、欧州で初出展となるNSXコンセプトは、軽量なボディに次世代V型6気筒VTEC直噴エンジンをミッドシップにレイアウトし、走りと燃費性能を両立した高効率・高出力のハイブリッドシステム「Sport Hybrid SH-AWD」を搭載したスーパースポーツモデル。

NSXコンセプトをベースとしたスーパースポーツは、3年以内に米国で発売を開始し、その後欧州をはじめ、グローバルに展開する。

さらに、次世代革新技術「アース・ドリームス・テクノロジー」第一弾となるクラス最軽量を実現した1.6リッターディーゼルエンジンのカットモデルも展示する。

このディーゼルエンジンは、2012年中に欧州専用の新型『シビック』(5ドア)に搭載する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース