【F1カナダGP】決勝---ハミルトンが初優勝、佐藤琢磨は入賞

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【F1カナダGP】決勝---ハミルトンが初優勝、佐藤琢磨は入賞
  • 【F1カナダGP】決勝---ハミルトンが初優勝、佐藤琢磨は入賞
北米ラウンドの初戦・カナダGP決勝(10日)、予選で初ポールポジションを獲得したマクラーレンのルイス・ハミルトンがデビューわずか6戦目にしてうれしいF1初優勝を果たした。

レースはセーフティーカーが4度も入る大波乱の展開。21周目にスパイカーのスーティルがクラッシュし、セーフティーカーが入る。レース再開直後にBMWザウバーのロバート・クビサが大クラッシュ。マシンは大破しクビサは病院に搬送された。その後もレースが再開されては誰かがクラッシュし、セーフティーカーが入るという展開が繰り返された。

そんな中、早めにピットストップを行ったハミルトンは混乱に影響されることなくトップをキープ。同様に3番グリッドスタート、BMWザウバーのニック・ハイドフェルドも2位を堅守した。

今年から導入されたセーフティーカーラン中は給油禁止という新ルールの影響でニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)らが10秒ストップ&ゴーのペナルティを受け、順位を落とした。またジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)、フェリペ・マッサ(フェラーリ)はピットレーン出口の赤信号を無視したとして黒旗失格という厳しい処分を受けた。

終盤、残り10周でレースが再開され、激しい3位争いを制したのはウィリアムズのアレクサンダー・ブルツ。復帰後初の表彰台となった。4位にはヘイッキ・コバライネン(ルノー)、5位にキミ・ライコネン(フェラーリ)。6位には残り2周で王者アロンソをオーバーテイクした佐藤琢磨が入り、チームに貴重な3ポイントをもたらした。

トヨタのラルフ・シューマッハも8位と今季初入賞、ヤルノ・トゥルーリはリタイアに終わった。ホンダのルーベンス・バリチェロは12位で完走。ジェンソン・バトンはスタートできずにレースを終えた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集