[写真蔵]レッドブル・ボックスカートレース

自動車 ビジネス 国内マーケット

東京臨海新都心、夢の大橋
  • 東京臨海新都心、夢の大橋
  • 東京臨海新都心、夢の大橋
  • 東京臨海新都心、夢の大橋
  • 東京臨海新都心、夢の大橋
  • 東京臨海新都心、夢の大橋
  • 東京臨海新都心、夢の大橋
  • 東京臨海新都心、夢の大橋
  • 東京臨海新都心、夢の大橋
ボックスカートイベント「レッドブル・ボックスカートレース」が11日に、東京都臨海副都心、夢の大橋にて開催された。無動力のカートで坂を下る競技。今回は速さ以外にパフォーマンス=演技も採点対象となる。

レースは日本・オーストリア修好140周年を記念した「日本オーストリア交流年2009」の交流事業のひとつ。自らF1チームをもち、さまざまなスポーツを後援するオーストリアの飲料メーカー、レッドブルが世界各地で開催し人気のボックスカートレース・シリーズが、日本で初めて開催された。

2万1000人(主催者発表)が見守る中、チーム「スーパーアグリ 1215」が見事優勝を果した。あとはいいエンジンが入手できればF1復帰?!

秋晴れの空の下、夢の大橋に作られた特設サーキットには、北は福島、南は福岡から600組を超える応募の中から選ばれた総勢78チーム(当日は1チーム棄権し、計77組が出走)が参加した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集