メルセデスAMG『CLA 35』、表情一新…改良新型を欧州発表

最強グレードの「CLA 45 S 4MATIC+」と同じ表情に

最大出力306hpの2.0リットルターボ+48Vマイルドハイブリッド

「AMGダイナミックセレクト」は5種類の走行モード

メルセデスAMG CLA 35 4MATIC シューティングブレーク 改良新型
  • メルセデスAMG CLA 35 4MATIC シューティングブレーク 改良新型
  • メルセデスAMG CLA 35 4MATIC シューティングブレーク 改良新型
  • メルセデスAMG CLA 35 4MATIC クーペ 改良新型
  • メルセデスAMG CLA 35 4MATIC シューティングブレーク 改良新型
  • メルセデスAMG CLA 35 4MATIC シューティングブレーク 改良新型
  • メルセデスAMG CLA 35 4MATIC シューティングブレーク 改良新型
  • メルセデスAMG CLA 35 4MATIC クーペ 改良新型
  • メルセデスAMG CLA 35 4MATIC クーペ 改良新型

メルセデスAMGは1月18日、メルセデスベンツ『CLA』の高性能モデル、メルセデスAMG『CLA 35 4MATIC』(Mercedes AMG CLA 35 4MATIC)の改良新型を欧州で発表した。

◆最強グレードの「CLA 45 S 4MATIC+」と同じ表情に

メルセデスAMG CLA 35 4MATIC シューティングブレーク 改良新型メルセデスAMG CLA 35 4MATIC シューティングブレーク 改良新型

改良新型では、フロントマスクを大幅に変更した。フロントグリルやバンパー、ボンネットなどが変更されており、シリーズ最強グレードのメルセデスAMG『CLA 45 S 4MATIC+』と同じ表情を手に入れた。アルミホイールやテールランプ、LEDヘッドライトも新デザインとした。

インテリアは、AMGステアリングホイールボタン付きのAMGパフォーマンスステアリングホイールを標準装備した。これにより、ドライバーは、3段階のESPや 「AMGダイナミクス」などの AMG専用の機能を、ステアリングホイールから手を放すことなく制御できる。シートの色には、セージグレーが新たに設定されている。

インフォテインメントとコネクティビティに関しては、最新の「MBUX (メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」を導入した。USB充電電源と新しいAMG専用ディスプレイデザインも採用している。

◆最大出力306hpの2.0リットルターボ+48Vマイルドハイブリッド

パワートレインは、「M260型」直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを、AMGがチューニングしたユニットだ。ツインスクロールターボチャージャーをはじめ、「CAMTRONIC」と呼ばれる可変バルブコントロール、高精度ピエゾインジェクター、マルチスパークイグニッションなどを採用した。

特許技術の「CONICSHAPE」により、シリンダー内部の摩擦を低減し、効率も引き上げられた。これらの結果、この直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力306hp/5800rpm、最大トルク40.8kgm/3000~4000rpmを獲得する。

改良新型では、48ボルトマイルドハイブリッドとベルト駆動のスタータージェネレーター(RSG)が装備された。加速時などには、RSGが最大14hpのパワーでエンジンをアシストする。トランスミッションは、従来の7速から8速化された「AMG SPEEDSHIFT DCT 8」を搭載した。駆動方式は、4WDの「4MATIC」の AMGパフォーマンス仕様だ。0~100km/h 加速は、4.9 秒で駆け抜ける。

◆「AMGダイナミックセレクト」は5種類の走行モード

メルセデスAMG CLA 35 4MATIC クーペ 改良新型メルセデスAMG CLA 35 4MATIC クーペ 改良新型

電子制御システムに関しては、「AMGダイナミックセレクト」を搭載する。「スリッパリー」、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ+」、「インディビジュアル」の5種類の走行モードが切り替え可能。エンジンやトランスミッションのレスポンスなどが変化する。

スリッパリーモードは、滑りやすい路面状況に最適で、フラットなトルクカーブが特長だ。ギアチェンジはスムーズに、より早いシフトアップが行われる。コンフォートモードは、快適で燃費重視の運転モード。サスペンションとステアリングは、快適性を重視した設定となり、エンジンのスタート/ストップシステムも作動する。

スポーツとスポーツ+モードは、エンジンとトランスミッションが、スポーティな味付けに。エンジンサウンドも、刺激的な方向に変化する。エンジンのスタート/ストップシステムは非作動。スポーツ+モードは、フル加速をサポートするモードだ。シフトダウン時には、レブマッチングが行われる。インディビジュアルモードは、ドライバーの好みに応じて、各セッティングを選択して保存できる、としている。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集