アーミー色がシブい「ゴードンミラー」! ハイゼットカーゴとNV200バネットがベースのキャンピングカー…東京オートサロン2023に展示

ゴードンミラー(東京オートサロン2023)
  • ゴードンミラー(東京オートサロン2023)
  • ゴードンミラー(東京オートサロン2023)
  • ゴードンミラー(東京オートサロン2023)
  • ゴードンミラー(東京オートサロン2023)
  • ゴードンミラー(東京オートサロン2023)
  • ゴードンミラー(東京オートサロン2023)
  • ゴードンミラー(東京オートサロン2023)
  • ゴードンミラー(東京オートサロン2023)

GORDON MILLER(ゴードンミラー)は、カスタムカーショー、東京オートサロン2023に出展し、3車種の「GMLVAN」シリーズを展示。さらにブース後方ではゴードンミラーが展開するさまざまなカー用品の展示・販売を行った。

GMLVAN S-01」はダイハツハイゼットカーゴ』がベース車両の軽バン。丸目のキュートなフロントと、オリーブドラブとコヨーテの落ち着いたカラーが目を引き、女性来場者が熱心にチェックしていたのが印象的だった。天然アカシア材を使った内装は高級感があり、その他にもLEDダウンライト、荷室と運転席を仕切る遮光カーテンなどを標準で装備する。価格は319万円。

そして日産NV200バネット』がベースの車両「GMLVAN C-01」も、GMLVAN S-01のデザインを継承したキャンピングカー。就寝時には184cmのスペースを確保でき、快適なバンライフをおくれるのが特徴。フルフラットになるフロアボードは天然アカシア材だが、床面はあえて木目調の塩ビシートにしているのがこだわり。木材ではないため濡れたものや汚れた道具などを運搬しても、後でサッと拭けば汚れを落とせる。価格は440万円。

展示車両のなかでもっとも大きな「GMLVAN V-01」は、トヨタハイエース』がベース車両。エンジンは2WDガソリン、2WDディーゼル、4WDディーゼルをラインナップ。車体はホワイトだが、内装は他の車輌と同様に天然アカシア材を使用している。価格は550万円。

《佐藤隆博》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集