21世紀のファンカー…ゴードン・マレー『T.50sニキ・ラウダ』[詳細写真]

ブラバムなどF1マシンの設計でも活躍した自動車エンジニアのゴードン・マレーが代表を務めるゴードン・マレー・オートモティブは2月22日、スーパーカー『T.50sニキ・ラウダ』を発表した。「今までにあったどの車でも体験できない、サーキット走行」を提供するために企画され、開発された。

車名は、ゴードン・マレーのブラバムでのチームメイトだったF1王者のニキ・ラウダにちなむ。T.50sが発表された2月22日はラウダの誕生日だ。「T.50」は、マレーが手がけたブラバム「BT46B」同様のグラウンドエフェクト・ファンを車体後部に装備し、サーキット向けのT.50sには、F1レジェンドの名前が使われた。

T.50sはT.50と並行して開発され、T.50をベースにサーキット走行のためにリデザインされている。車重は852kg。エンジンは、725bhpを発生する自然吸気V12エンジン。これの回転数は1万2100rpmに達するという。

生産台数は25台限定で、それぞれのシャシーは、ゴードン・マレーが勝利したGPの名前で呼ばれる。生産は2023年1月から。
1978年スウェーデンGP、ブラバムBT45B“ファンカー”、ラウダ1978年スウェーデンGP、ブラバムBT45B“ファンカー”、ラウダ

ゴードン・マレー・オートモティブは22日、『T.50sニキ・ラウダ』を発表した。ブランド初の、レーシングトラックでの走行を意識したスーパーカーだ。「T.50」と並行して……

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース